とっても個人的に大本命な端末、F-12C Classic Orangeが我が家の一員になりました

F-12C Classic Orange

まさに携帯するカバン。・・なのだろうか?


そうです。
前々から心の中で欲しい欲しいと大騒ぎしていたのです。

Globe TrotterとコラボしたF-12Cの中でも、コラボしすぎちゃったモデル・・・
それがこのClassic Orangeです。

そんなF-12C Classic Orangeモデルの真実を写真で紹介したい。
余談ですが、使い心地はかなり良いです、コレ。

「F-12C Classic Orange」とは

最近の国産Android携帯(スマートフォン)の中では割と評判の良い(?)F-12Cの限定モデルなんだ。
生産台数は5000台ポッキリ。なぜかドコモオンラインショップのみでの取扱い。
そして一台一台にシリアルナンバーが刻み込まれている。

通常版との主な違いは背面カバー。
なんと背面カバーには「ヴァルカン・ファイバー」なる素材が使われている。
そう・・実際のGlobe Trotter製カバンと同じかどうかはわからないが特殊な紙を何層も重ね樹脂をコーティングしたとされるアレだ。
しかもひとつひとつ手作りとのウワサもある。
また、ヴァルカン・ファイバーカバーの他にオレンジカラーの背面カバーも同梱されている。

通常版と比べ残念な点もある。
それはヴァルカン・ファイバーカバーでは防水性能が保障されていないというところ。
防水がF-12Cの特徴でもあるので非常に残念!

だが、この点については後程写真を見ていただくとわかるが、そうでもないと思っている。
なぜなら、ヴァルカン・ファイバーカバーとオレンジカバーの作りはほぼ同じなのだったのだよ。
つまり、防水性能はあるが、ヴァルカン・ファイバーカバーではヴァルカン・ファイバー部分が水分に耐えることができない?というだけではないかと思う。
もちろんヴァルカン・ファイバーカバーを水に浸ける勇気は無いぜっ!!

自分自身の携帯だし、すごく贔屓した意見だけど、なかなか贅を尽くした逸品かも知れない。
2011年10月28日に発売したけど、2011年11月26日現在、在庫はまだあるっぽいよね。
気に入った人は買っちゃえばいいと思うんだ。

写真で紹介

さて、早速紹介するよ!

まずは正面から見た感じ。一見、通常版と同じに見えるが、液晶のフチ、アイコンの色などは若干異なっている。

正面イメージ

正面

ゴールドのラメっぽい何かしらの処理がうす~くあるのがおわかりいただけるだろうか?
わかりにくいがアイコンの色もゴールドだ。

正面の拡大イメージ

正面の拡大。スパークルだね!

さぁ、これがあのヴァルカン・ファイバーカバーだ。
手触りなんかはなかなか良いと思う。革製品なんかと同じように使い込むほどに色が変わったりするのだろうか?

F-12C Classic Orange

背面

こちらはオレンジの背面カバー。実は他カラーモデルなどと同様にドコモショップでの購入が可能だったりする。

オレンジカバー

オレンジの背面カバー

なんとなく並べてみたりしてみたっかったんだ・・

カバーたちと本体

カバーと本体

ヴァルカン・ファイバーカバーの方が若干、厚みがある。

本体下部とオレンジカバー

本体下部とオレンジカバー

オレンジカバーを装着するとこんな感じ。写真撮ってる私が映り込んでるけど気にしないで・・

オレンジカバー装着イメージ

オレンジカバー装着

上がヴァルカン・ファイバーカバーで下がオレンジカバー。
見たところゴムが貼ってある部分にはリベットの影響もなさそうだ。

カバー二種

背面カバー裏面

本体上部には3.5mmイヤホンジャックとmicroUSB端子がある。
細かいところだがこのmicroUSB端子のフタもオレンジになっている。

本体上部イメージ

本体上部

F-12Cには専用クレードルが用意されている。Classic Orangeにももちろん同梱されている!
microUSB端子って意外と壊れやすかったりするし、防水端末にこれはうれしいよね!

クレードル使用イメージ

クレードル使用イメージ

電源をオンにするとなにやらちゃんとフタをしてほしい的なコメントを垣間見ることができるぞ!

起動画面

電源オン時の画面

別件だがXi契約時にドコモダケクリーニングクロスを頂いたので・・

本体イメージ

クリーニングクロスとともに

いくつかClassic Orange限定の壁紙が用意されていたりする。

オリジナル壁紙イメージ1

イカしてるゥ!


オリジナル壁紙イメージ2

そこにシビれるあこがれるゥ!

箔押しが施されたほんのりプレミアムな箱だぜ・・ったくよぉ!

箱外観

こういうことされると箱が捨てられないので困ります。

箱を開けるとセンセーショナルな言葉をあびせかけられる。
引用するとこうだ。
世界は一冊の本である。旅をしない人は、その最初の1ページしか知らない。
(アウレリウス・アウグスティヌス)

ウェルカムメッセージ

意味深でいいねぇ

さらに開けるとついにF-12Cとご対面なんだねぇ。

箱内部

箱内部

いつもの一言

Globe Trotterという言葉には「世界旅行者」、「世界を股にかける」というような意味がある。
人生こそ旅。素敵な言葉じゃないか・・。
実はgoo辞書で調べて知ったのだが・・

ちなみにF-12Cには「Globe Counter」というウィジェットがあるが、その中では「世界を闊歩する人」と書き記されている。
ますます素敵な言葉じゃないか・・。
100年使うよ!
できることなら・・

冗談はさておき、日本語入力にATOKがからんでいたり手書き入力の精度がかなり高かったり、声でアプリ起動とかなかなか良いと思う。
そうそう、使ってる時のバイブレーション感がいい!
特にスクロールしたときのゴロゴロ感はいいねぇ~。
とにかく、Androidの中では、かなり使いやすい端末だと思う。
気に入ったよッ!

よく読まれている記事

  1. 【WiMAX】Wi-FiルータHWD14を解約しNAD11を使うことにした
  2. auのWi-Fiルータ「HOME SPOT CUBE」をもっと活用しよう!セキュリティとか考えた設定方法
  3. windows8版!Android SDKインストール手順 2013年6月版
  4. windows8のPCにUbuntuをインストールしデュアルブート環境で使う
  5. 【今更紹介】ドコモメールを他社やSIMフリースマートフォン、PCで使うための流れ
  6. Android4.0にアップデートしたSC-03D(Galaxy S2 LTE)のリカバリ書き換えとroot権限取得手順
  7. SDカードにパーティションを作る手順。可能性は無限大。

最近の記事

Twitter