時代はLTE?日本の携帯キャリアがやってる高速通信サービスを比べてみます

LTE

みんな大好きLTE

最近、携帯に限らずLTEだのWiMAXだの4Gだのと色々な言葉があるよね。
日本の携帯キャリア各社がこのところがんばって広めようとしているもの、それがLTEやWiMAX、4Gなどの高速通信サービスなんだ。

そこで、料金やスペック、キャンペーン、制限など、ザっと紹介したい!

LTEとは、これいかに!?

そもそも「LTE」とはなんなのか!?
そのような疑問を持つ人も多いことだろう?
だが、正直言って細かいことは考えないほうが精神的にも良いと思うんだ。この手の話はあまりにもややこしすぎるのだよ・・
通信速度が速い!とう思っておけばOKだろう、たぶん・・。

では、早速紹介だ!!
(間違ってるかもしれないけどね!)

どんなサービスがあるのかッ!

まずは、現状どんな高速通信サービスがあるのか、ざっと紹介したい。
携帯キャリア各社が展開しているサービスはこんな感じ。

・Xi(NTTドコモ)
・WiMAX(au)
・EMOBILE LTE(イーモバイル)
・EMOBILE G4(イーモバイル)
・ULTRA SPEED(ソフトバンク)
・Softbank 4G(ソフトバンク)

料金や速度などを表にした

サービス名だけ眺めたところでわかりにくいと思う。
そこで毎月いくらで使えるのか、また規格上の通信速度はどれくらいなのかを表にしたんだ。

青太文字は低額またはハイスペック、赤太文字は高額または低スペックを表し、「データ」はデータ通信プラン、「携帯」は携帯のパケット定額系の料金だ。
また、月額料金に関しては二年間の継続利用割引を適用した、パケット通信料だけの料金なので基本通話プランなどは入ってないので注意ね。


※「一部の屋内なら最大~」という表現があるものについては、「一部の屋内」とやらがあまりに限定的なので除外した。

スペック的にはソフトバンクが理論上、最速なんだねぇ。これまた。

キャンペーンでもっとおトクに使う!

先述の表はあくまでも仕様上の料金。
実は、非常にわかりにくいキャンペーンによって水面下での熾烈な戦いが繰り広げられている。
そこで、キャンペーン料金なども表にしてみたんだ。

まさに熾烈の一途を極めるキャリアの戦い・・うまく使うことができれば激安で持つことも可能だ。
ちなみに維持費という点では月々サポートなどもあるドコモは、かなり安くなる場合がありそうだ。

熱烈なキャンペーンの条件とか

上に書いた素敵なキャンペーンたちにも各キャリアが定めた適用条件があるんだ。

やはり二台目需要を狙った展開が目立つね!

速度制限や利用制限など

最後に、速度制限や利用制限について紹介しよう。
やはり所詮は携帯ネットワーク。使いすぎにはなかなかシビアだ。

制限無しのWiMAX以外は完全に自宅インターネット化すると速度制限など喰らっちまいそうな気がしなくもない。

いつもの一言

この記事を見て思うことはそれこそ、人それぞれだろう。

個人的には高速通信はPC以外では不要だと思っている。
通信速度が速いからと言っても、どうということは無い。なぜなら今の速度(7.2Mbps)で困ってないからね・・
あとここで重要なのはサービスエリアだろう。結局どこで使えるのか。こればっかりは使ってみないとわからないというのがアレな感じだが。

それにしても、どのキャリアもとにかく表記がややこしい!
そして実際の価格や金額もややこしい!!

これは積年の課題だよ、こりゃあ!

ところでドコモのVIDEOストアを使ってみたんだが、映画一本をダウンロードしたところサイズが1GBほどだった。
映画見放題とは謳っているものの、このぶんだと10月以降は7本見たら128kbpsになるのだろうか・・?
また、直近三日間のデータ量が1GBを超えた場合も個別に速度制限を受ける可能性があるようだが・・
これでは実質見放題じゃないじゃんかぁなどと、ボヤきたきなる仕様だ。

最近の記事