【レビュー的紹介】ロジクール「Mini Boombox」の大紹介

Mini Boombox

ミニでブームなボックスだねぇ

実は先日、モニターに応募したところロジクールさんから「Mini Boombox」なる逸品を頂いたのでレビュー的な雰囲気で紹介したいと思うんだ。
じっくり使うぜ!

「Mini Boombox」とは一体何者なのか?

チンタラかつ、ざっくり言ってしまうとこうだ。

コンパクトサイズでスマートフォンなどと無線でカンタンに接続できるスピーカー

今や色んな機器に搭載されているBluetoothを使い、無線で手軽に音楽を楽しむことができる。
ちなみにマイクも搭載しているので、PCで使うならskypeやGoogleトークなどなど音声でのチャットや通話もできる。そしてスマートフォンと接続するならハンズフリー通話もできる。
なかなか便利なアイテムだ。

写真で紹介しよう

外観はこのような感じだ。
iPodと比べてもかなりコンパクトなサイズだね。

Mini Boombox

名前の割にブーミーな音にはなりにくいぞ

なかなかどーんとしたツラ構えじゃないか。

正面

正面から接写

本体上部にはタッチパネルがある。音楽の操作も可能なんだ。

本体上部

一見のっぺりとした風貌だが・・

ちょっとでも触れようものなら、操作するためのアイコンが浮かび上がるぞ・・ッ!!

タッチパネル

おわかりいただけるだろうか・・

本体の背面には電源、mini USB端子、外部入力が設置されている。

本体背面

シンプルだ。迷う者など、どこにもいないだろう。

iPodとともに

ペアリングもカンタンだった・・

充電アダプタとUSBケーブルが付属している。

充電ケーブル

最近では存在を忘れられそうなミニUSBのケーブルで充電だ!

ペアリングも超カンタン

さてBluetoothと言えば接続が上手くいかず萎えることが少なからずありそうだよね。
しかしMiniBoomboxを実際に使ってみて、ものすごくカンタンだと思った。さっくり設定画面も紹介するよ!

とにかく接続したい端末側でBluetoothをオンにして、検出可能にしておこう。

設定画面1

早くBluetoothをオンにするんだッ!!

そしてMiniBoomboxの真ん中のボタン(出っ張っている)をロングタッチする。
「ポポッ」というような音がMiniBoomboxから流れたら、Bluetooth端末を検索なりスキャンなりしよう。「Mini Boombox」が登場するはずだ。
Bluetooth端末一覧にMini Boomboxが登場したら、すかさずタッチしてペアリングだ。
ちなみにパスコードを求められた時は「0000」を入力だ!

設定画面2

・・奴さんのお出ましだ・・!!!

ペアリングが成功すれば「ポポッ・ピッ・ピッ」というようなニュアンスの音が発せられるぞ!

話は逸れるがAndroidで複数のBluetooth端末を登録している人は「Bluetooth Profile Widget」が便利だ。

Bluetooth Profile Widget

画面左上のヤツね


ワンタッチでBluetoothオン、Mini Boomboxに接続まで持ち込めるぞ!

使ってみての感想

なかなかフットワークの軽い道具だと思う。

音質はBluetoothということで、あまり期待してはいなかったが割と良いような気がする。あくまでも個人的にね!
音の傾向はボーカルや高音域が聞こえやすい音作り?・・なのかな?ギター系の音はモコモコ埋もれがちな印象だ。
だがそれでいて、妙な迫力、音量はある。さすがスピーカーを二発積んでいるだけのことはあるかも知れない。このサイズでありながら一発3Wというのもなかなか良いよね。
ちなみに「重低音」を重視したい人にとっては物足りなさを感じるかも知れない。このサイズなので当然と言えば当然だけどさ・・!

使用イメージ

手軽っすなぁ

パンフレットには持ち歩いて使うシーンが写真で紹介されている。
だが、個人的には持ち歩くものではない形だと思っちゃったよね。重量は軽いけど薄型でもなく折りたためるわけでもなく。
それでいてカバンの中で収まりにくい丸っこさなんだ。
持ち歩くならコンパクトさと取り回しやすさじゃないだろうか。
ここまで言っておいてアレだが、かさばっても気にならない人なら持ち歩くのも問題なしだ!

次に、本機のキモであるBluetoothペアリングのことをお伝えしよう。
複数端末の同時再生などはできないが、複数端末をペアリングしても端末の切り替えは意外にもスムーズだった。
ただしPCとの接続は、ほんのり面倒くささが際立ってしまった。PCとペアリングした後に一度でも別の端末とぺアリングさせてしまうと、うまく言葉にできないけど再度PCとペアリングする時に、設定しなおしになる(windows7の場合だけ?)ことがあった。

指先一つで

ジャマする曲は指先ひとつでダウンさ

細かい点だけど、MiniBoomboxの底面に本体の足として「いい感じのゴム」が細長く二本並んで設置されている。
これがいい!
MiniBoomboxを置いているもの、つまりデスクとか台とかテーブルとMiniBoomboxの間にこのゴムがあるおかげで、音声再生時の微細な振動をゴムが吸収、遮断し、妙な反響/共鳴を防いでくれているっぽい。音がクリアに聞こえるような気がする。なんとなくだけど。

最後に、背面にあるmini USB端子から充電ができるんだけど、どうせならスピーカーとしてUSB接続もできたら良かったんじゃないかと思う。mac miniとかみたいな小型PCに常時USB接続しっぱなしならMini BoomboxのACアダプタも使わないで済むしさ。

ロジクール ミニブームボックス ブラック TS500BK

新品価格
¥4,683から
(2012/7/2 12:59時点)

いつもの一言

かつての携帯電話たちの中でも、Bluetooth搭載機は割と少なかった気がする。
しかし、今となっては標準機能のひとつと言えるほどにまで普及してきちゃった感があるよね。プロファイルも多種多様、右も左も見渡す限りBluetoothだ。
もはや「石を投げたらBluetoothさんに当たる」と言えなくもない状況だろう。

ところでiPodとISW11Mでペアリングしてたのだけど、同じ曲を再生しても音が違う気がするんだけどBluetoothでイコライザーはオフでも再生端末によって音が違うとかあるのかねぇ・・?

そういえばBluetoothにまつわる話をしたい。
ノートPCと言えばマウスが同梱されていないのが一般的さ。
ある日、さすがにタッチパッドの操作が面倒になってきてSony vaioのBluetoothマウスを通販で買ったわけさ。無限の可能性にワクワクしながら。

数日後マウスが到着し、颯爽とペアリングや設定を始めた。
しかし、ここで異変に気付いた。

このノートPCには、そもそもBluetoothが搭載されていなかったのだ・・ッ!!
思い返せばドコモの定額データプランとの抱き合わせで購入したPCだった。去年のことだが、まさかBluetooth搭載されていないPCがあるとは・・あまりのカルチャーショックにその場にあったチョコパイをたいらげてしまった。

そのPCは今も我が家にひっそりと存在している。
そう、今まさに私の眼の前に。

最近の記事