「WiMAX2+」の息吹をauのHWD14で体感したけど・・な話

HWD14

HWD14

実は前々からWiMAX端末を自宅で活用していたのだけど、先日ついにWiMAX2+のHWD14に切り替えた際の話をしたい。

HWD14はWiMAX/WiMAX2+/au LTEという三種の高速通信を使うことができるインパクトの大きな機種。
気になっている人も多いと思うのでHWD14の現状の料金体系と個人的な感想なども紹介したいと思う。

気になる料金は?

まずは毎月、どんな料金で使えるのかを紹介しよう。
auショップでの誰でも割シングル(2年契約)の場合の料金だ。

・基本使用料:4,196円
・割引   :-500円(WiMAX2+おトク割)
・合計   :3,696円(税抜)
※2014年5月からはLTE使用時は1005円追加される。
※固定代替での契約なら500円追加。

新規契約なら本体は一括0円だったりするので安心ケータイサポートプラス(380円)などを使わないなら、こんな感じの料金で二年間、インターネット使い放題となる。(ただし2014年5月以降、LTE使用時はオプション利用料が発生するのでLTE使いたいなら注意だ)

まぁ、auのLTEスマートフォンの場合はパケット定額通信料だけで5700円くらいは料金が発生することを考えれば、お得感はある。

HWD14のいいところ

HWD14のちょっと良いところを紹介しよう。
まずは、WiMAX/WiMAX2+/au LTEという三種の高速通信を切り替えて使うことができるというところ。

通信速度は下記のようにそれぞれ異なる。どれもかつての携帯電話の通信速度と比べなかなかの高速通信と言える。
WiMAX:40Mbps
WiMAX2+:110Mbps
au LTE:75Mbps

最近の携帯会社の高速通信サービスは、一定のデータ使用量を超えると速度制限が発動し激遅通信に変わってしまうという泣ける仕様がある。(ブームなのかなぁ?)
だがHWD14ならWiMAX時の通信に関しては他の高速通信サービスのような速度制限は一切無しだ・・!
そして同じくWiMAX2+も25ヶ月間は速度制限は無しだ!

LTEはエリアもスピードも超快適!
ハード的にはバッテリーがかなり長持ちするうえに置くだけ充電QIに対応してる!

HWD14のダメなところ

WiMAX2+とLTEは月間通信量7GBオーバーで速度制限が発動する・・
HWD13も使っていたけど、それと比べWi-Fiの出力が弱すぎる気が・・
HWD13と比べWiMAXの電波の掴みが弱い気が・・
OSがAndroidベースということが原因かどうかはわからないが、妙な通信切断が発生することがちょいちょいある・・
そもそもWiMAX2+のエリアが狭い・・そして自分の環境では大して速くない・・

どれも気のせいレベルかも知れんが、Wi-Fi出力に関してはあからさまに弱い。
でもこれは省電力モードが影響しているかも?
省電力モードは使ってないけどね!!!

速度制限に関する悲しい仕様のこと

さて、HWD14を語る上で私自身が体感した非常に残念なところを書かずにはいられない。
それは速度制限のことだ。

HWD14使用開始から25ヶ月間はWiMAX2+が速度制限無しで使える。
一方、LTE接続に関しては速度制限が存在する。速度制限はLTEとWiMAX2+の合計通信量が7GBを超えた時点で発生する。

つまり・・
WiMAX2+かLTEどちらかで通信量7GBを超える、かつ通信モードがハイスピードプラスエリアモード(LTE/WiMAX2+)になっていたりすると、LTEだけでなくWiMAX2+もろとも速度制限が発動し、実質WiMAX以外はほぼ使えない状況となる。

HWD14

非常に後ろ向きな姿勢だ

さらに、普段ハイスピードモード(WiMAX/WiMAX2+)で使っていたとしても、7GBを超えた後に何らかの操作などで通信モードをハイスピードプラスエリアモード(LTE/WiMAX2+)にしてしまったりすると、その瞬間、速度制限が発動する。
もちろん、速度制限発生後にハイスピードモードに戻しても速度制限解除をしない限り当月中はWiMAX2+を使うことはできない。(正確にはエリア内ではWiMAX2+を掴むが、速度制限で速度が出ないためWiMAXに自動的に切り替えられてしまう)

まとめると7GBを超えそうな使い方をしている人はLTEが非常に使い辛いということになる。
7GBを超えてしまった状態で「ちょっと今日はLTEでも使おうかな」・・なんて軽い気持ちで不用意に使えばすぐに速度制限だ。

いつもの一言

ところでWiMAXと言えば速度制限無しが最大の特徴。
しかしWiMAX2+では25ヶ月を速度制限があるし、LTEは問答無用で速度制限ありだ。
前々から思っていたんだけど、動画配信サービスを提供しておきながら速度制限を設けるってどうよ。よく考えられたエコシステムだよね。まったく!

ちなみに後々考えてみたらau以外のWiMAXならもっと安いところも存在する・・。何かひとつ不満やモヤモヤを心に抱えると、HWD14の気になるところとかも気になってしょうがなくなってしまうもの。それが人間というもの・・悲しい性かな・・?
Wi-Fiの出力がイマイチな気もするし・・HWD13の時と比べてなんか色々パワーダウンしてしまったし・・通信量カウンターの表示もおかしいし(使い始めて3日で通信量が13GBっておかしいだろが)・・

私の場合はWiMAX/WiMAX2+/LTEよりもWiMAX/3Gの方が合っていたかなぁ?
ごめんね、これ以上この話を続けたらなんだか涙が出てきそうだよ。

スポンサーリンクと関連記事

最近の記事