5.2インチ版zenfone3のガラスフィルムとケースを装着した話

ハイブリッドケース

何ものにも代えがたい青春の煌めきを感じさせるスマホ・・それがzenfone3だ


実は5.2インチ版zenfone3(ZE520KL)を買ってしまった。
デュアルSIMを使うためにね・・

そんなzenfone3のガラスフィルムとケースを装着したけど、ガラスフィルムもケースもなかなか良かったので紹介しよう。

やっぱり!?アクセサリーが少ないzenfone3

まぁしょうがないよね。
ケースやフィルムなんかのアクセサリーの種類が少ないよね。

それはさておき、私が購入したのは、ラスタバナナ製のガラスフィルムとレイ・アウト製のハイブリッドケースなんだ。

ラスタバナナ Zenfone3 ZE520KL フィルム 強化ガラス 0.33mm 光沢 ゼンフォン3 液晶保護フィルム GP770520K3

レイ・アウト ASUS ZenFone 3 ZE520KL ハイブリッドケース (TPU ポリカーボネイト) /クリア RT-RAZ3CC2/C

ガラスフィルム

まずはガラスフィルムはこれ。
ラスタバナナの「液晶保護光沢ガラス」。端はラウンドエッジ加工されているので触り心地もいい。

zenfone3ガラスフィルム

パッケージはなかなかかっこいい感じ。


ガラスなので指紋がついてもすぐに拭き取れる。急ぎの際は袖でササっとやっちゃうだけで充分だ・・

zenfone3/ZE520KLは画面の周囲が少々カーブしているので、今回のガラスフィルムは全面保護ではなく、平たい部分だけを保護するタイプ。

ハイブリッドケース

貼ってあるのがおわかり頂けるだろうか


周囲が保護されないのが残念な感じはするが、次に紹介するハイブリッドケースなら心配は無用だ!

ケースはこれ。
レイ・アウトの「ハイブリッドケース」。背面はポリカーボネートで周囲はTPU。見た目がすごくきれい。そしてTPUなのでと多少の衝撃吸収も期待できる。

zenfone3ケース

透明度が高いんだよね

背面はこんな感じ。
zenfone3は背面がガラスなのでハードケースもソフトケースも、zenfone3本体に装着するとケースと本体の接触している部分が濡れたような見ばえになってしまう。いわゆるウォーターマークっていうんだけど、気になるよね。
このハイブリッドケースならウォーターマークは発生するけど、見てのとおり装着した瞬間から発生ということはなかった。
ウォーターマークが出たら、カメラ穴から背面をちょっと浮かせるようにするとすぐに消えるぞ!

ハイブリッドケース

ウォーターマークに過敏な人にも悪くはない作りだ

そして嬉しいストラップホール付きなんだ。さすが日本のケースメーカー・・!

ハイブリッドケース

ストラップだからって過信は禁物だぞ!

ボタン類の操作も問題ない・・

ハイブリッドケース

ボタンたちのフィット感も抜群

ラスタバナナ Zenfone3 ZE520KL フィルム 強化ガラス 0.33mm 光沢 ゼンフォン3 液晶保護フィルム GP770520K3

レイ・アウト ASUS ZenFone 3 ZE520KL ハイブリッドケース (TPU ポリカーボネイト) /クリア RT-RAZ3CC2/C

感想

保護フィルムは色々なタイプがあるよね?
ガラスだったり反射防止だったり衝撃吸収だったり・・
私はもはやガラス以外貼るつもりは無いので、やっぱりガラスがおすすめ。
Galaxy S7 edgeみたいな特殊なデザインの端末はどうしようもないけどね。

「ハイブリッドケース」というタイプのケースはけっこう見かけるようになたけど初めて使ってみた感じは、大満足!
zenfone3はその価格に見合わないほど高級感がある、なかなかかっこいい端末。背面がガラスだったりね。

そんなzenfone3の見た目のきれいさも損なわず、ある程度の衝撃吸収も期待できるハイブリッドケース、良いです。

いつもの一言

ところでウォーターマークって、温度変化で発生するよね。外に出ると出やすい。

さて次回はzenfone3のデュアルSIMに関しての設定とかを紹介するよ。
たぶん・・

スポンサーリンクと関連記事

最近の記事