今さら紹介するまでもないドコモの格安スマホことMONO MO-01Jを紹介する

MONO

いつまでも、ものものしくあれ!

今さら紹介するまでもないんです。
だけど、ドコモの格安スマホことMONO MO-01Jを紹介するよ・・。

端末代が一括648円!!!

まずはMONOをそれっぽく紹介しよう。
MONOことMO-01Jはドコモが格安スマホとして販売しているスマートフォン。

本体の代金が驚きの648円というバリュープライス!・・なのが特徴。
ただし、648円で購入するには少し条件がある。条件は後ほど説明するよ。

カラーバリエーションは白と黒の2色、まさにモノトーンだね。私が購入したのは白なんだ。

目次

  1. 写真で大紹介!
  2. MONO MO-01Jの仕様
  3. 648円で購入するには
  4. いつもの一言

写真で大紹介!

早速写真で紹介していこう!
外箱はこんな感じ。取り立てて特徴のない真っ白い箱だ。

MONO

化粧箱までもシンプル


MONO箱

真ん中のロゴはシルバーの箔押し

箱を開けるとシンプルな緩衝材とともにシンプルなMONOが登場。

MONO開封

固いスポンジのような素材がMONOの周囲を取り囲んでいる

説明書、保証書、SIM抜きピンが同梱されている。ちなみにSIM抜きピンはiPhoneのものと酷似している。

MONO中身

同梱品までシンプル

本体下部。充電端子はmicroUSBでフタは無いが防水OK。もちろんストラップも使える。
さらに左側面にはMONO渾身の目玉機能、マナーモードスイッチが付いている。

MONO本体

当然ストラップいけます

本体上部右側には何の変哲もない電源スイッチが・・ある。

MONO本体

すっきりとしている

本体上部左側の防水キャップを開けるとSIMカードとmicro SDカードを乗せるトレイが収納されている。
このSIM/SDトレイだが、素材はなんと金属。Xperiaなんかは樹脂製だったりするよね。謎のコスト感覚と言えよう。

MONO本体

キャップを開けるとそこは・・

背面はこんな感じでとてつもなくフラットだ。もちろんカメラも出っ張らずにある。

MONO本体

とにかく非常にフラットだ

背面プレートはさりげなくスパークルがちりばめられたラメのような仕上げ。
質感は悪くない。

MONO本体

おわかりいただけるだろうか・・

MONO MO-01Jの仕様

MONOの仕様を紹介しよう。

画面サイズ:4.7インチ
解像度:780×1280
CPUスペック:1.5GHzクアッドコア+1.2GHzクアッドコア(MSM8952オクタコア)
本体容量/RAM:16GB/2GB
防水性能:IPX5/7
防塵性能:IP5X
Bluetooth:Version 4.1
おサイフケータイ:無し!
テレビ:無し!

なかなかどうして潔い仕様!
ドコモブランドなのにiD(おサイフケータイ)使えないなんていう、小洒落た一面も。

使い勝手

安いからと言って全然悪くない。普通に動くぞ!負荷のかかるゲームは厳しいかも知れん。
メモリが2GBだし本体容量も16GBと最近のスマートフォンにしては少ないがディズニーツムツムなどは問題なくプレイできる。
なんとなくでSUPER MARIO RUNもインストールしてみたがこちらも問題なし!
dTab compactみたいな感じで、意外とゲームには強いのかも知れない。

サイズ感や使用感はなんだかXPERIA Z3 compactを思い出した。なにげにすごい似てる気がする。
なかなかいいかも知れない。

648円で購入するには

648円で購入するには少々条件がある。
簡単に説明するとドコモの「端末購入サポート」が適用できること。
それを満たせば648円だ!

端末購入サポートの条件

・前回の機種購入から6カ月以上経過している
・スマートフォン向けの料金プランが必須
・新しい端末は購入翌月から最低12か月間使用すること

MONOを購入する人たちに前回の機種購入から期間が短い人などいないと思うけど、新機種が発売されるたびに携帯を買い替える人は648円では買えないのだ。まぁ、そういう人はMONOを買わないかも知れないけどね・・

いつもの一言

MONOはその圧倒的な価格ばかり取り沙汰されるが、スマートフォンとしては相当にまとも。
実際に使ってみて、そのまともさにビックリ。
そして心なしか動作が全般的に軽い気がする。もしかしたらドコモカスタムがあまり施されていないのかな?

ちなみにもしも仮に本来の価格である32400円で売り出していたとしたら・・・一台も売れていないかも知れないな。

・・なんてね。
これはネームバリューの差があるからしょうがないよね。
3万円台の機種ならzenfone3が段違いに良いしね。

よく読まれている記事

  1. 【WiMAX】Wi-FiルータHWD14を解約しNAD11を使うことにした
  2. auのWi-Fiルータ「HOME SPOT CUBE」をもっと活用しよう!セキュリティとか考えた設定方法
  3. windows8版!Android SDKインストール手順 2013年6月版
  4. windows8のPCにUbuntuをインストールしデュアルブート環境で使う
  5. 【今更紹介】ドコモメールを他社やSIMフリースマートフォン、PCで使うための流れ
  6. Android4.0にアップデートしたSC-03D(Galaxy S2 LTE)のリカバリ書き換えとroot権限取得手順
  7. SDカードにパーティションを作る手順。可能性は無限大。

最近の記事

Twitter