いとも簡単にドコモから携帯番号そのままでスマホなどの通信会社を乗り換える方法と注意すること

長く使えば使うほどに、「人」そのものになりつつある携帯番号・・。
仕事で使っていたり、長く使っている番号なら、番号を変えることは難しいと思う。

しかし、携帯の料金は毎年毎年プランが登場しては消えを繰り返し、わかりづらいよね。
そんなわかりづらい中に、お得に使う方法が紛れ込んでいる。・・ということもあるけど、やはりプランがわかりやすい携帯会社に乗り換えてしまうのも良いと思うんだ。

今回はなんだかんだで今まで経験の無い人にとっては難しく思える、ドコモから番号そのままで携帯電話会社を乗り換える方法を紹介しよう。

もはや通信会社を乗り換えるのは赤子の手をひねるよりも簡単

先に言っておこう・・
「赤子の手をひねってはいけない!」
かわいそうだから・・

さて、実は携帯番号はそのままで携帯会社を変えるのは凄く簡単になったよね。
手続きだけで言えば、MNP予約番号というものを用意して新たに契約するだけ・・。

しかし、そうは言っても注意しなければならないことは結構ある!!
そんなことを紹介したい。

これは注意!!乗り換える前に絶対にやっておきたいこと、注意するべきこと

携帯会社を乗り換える場合、新たな会社で契約した際に解約手続きが自動で完了してしまう。
解約となると当然、使えないサービスや問題が発生することが考えられる。

いざ解約が完了すると解約手続きを取り消すことは不可能だと思う。なぜならもう別会社の番号になっているから・・

そんなわけで乗り換える前に注意するべきこと、そして悲劇の前にやっておいた方が良いことを紹介しよう。
私自身、長くドコモを使ってきて特に注意するところは以下の4つだと思う。

・携帯メールが使えなくなる
・イマドコサーチなど使えなくなるサービスがある
・課金(ケータイ払い/SPモード決済)ができなくなる
・ポイントが消滅する可能性あり!?
・ドコモ2年契約の解約金に注意!!

携帯メールが使えなくなる!?

携帯会社が変わると、それまで使っていたメールアドレス、いわゆる携帯メールが使えなくなる。
今時、これに困る人も多くはないと思う。
でも、携帯メールを主な連絡手段として使っている人も多いだろうし、Apple IDやLINEアカウントとして登録してしまっている人も少なからずいるだろう・・。
特にLINEやApple IDはものすごく重要だよね。

メールアドレスが使えなくなら、こういう対策を!

これはメールアドレスが使える使えているうちに、ということが前提だが、メールは携帯メールではなくGmailに乗り換えるのがおすすめ
AndroidユーザーでもiPhoneユーザーでもGmailがおすすめだ。

携帯メールが使えているうちに、自分にとって必要なサイトや使っているサービスの登録アドレスを変えておくことをおすすめするよ。
Apple IDやLINEのアカウントとしても使えるので、携帯会社を乗り換えなかったとしても携帯メールで登録されているものはGmailに変えておくべきことだと思う。

イマドコサーチなど使えなくなるサービスがある!?

当然のごとくドコモでしか使えないサービスが存在する。
特にやばいのがイマドコサーチ・・

特にイマドコサーチは保護者が子どもの居場所を探せるようにキッズケータイを探す対象にして使っているよね?
最近では小学生から一人で塾に通ったりもしているみたいだし、そうでなくとも親からしたら子どもの居場所がわからなくなるのは、まさに死活問題だ!

auやSoftbankであれば類似のサービスがあるが、格安SIM系では聞いたことがない。
だからイマドコサーチをよく使っている人は、何か代替の方法を必ず用意した方が良いと思う。

※ちなみにキッズケータイ1回線の契約のみでもイマドコサーチを使う方法は無くはないが、詳細は別の記事で紹介しよう。

課金(ケータイ払い/SPモード決済)ができなくなる

携帯料金と合算払いでのコンテンツ購入ができない携帯会社がある。
つまり、乗り換えることでいわゆる「課金」ができなくなる可能性がある

スマホゲームファンな方には、これもまた死活問題だと言えよう!

対策はある!

もしも課金ができない携帯会社に乗り換えたとしても、Google PlayギフトカードやiTunesカードで課金ができる。
それに、Google PlayギフトカードやiTunesカードはコンビニなど色んなところで買えるから大丈夫。
買いに行くのが面倒な人はクレジットカードを登録することでも課金は可能だ。
とは言えクレジットカードは携帯課金の限度額と比べ、使える額も大きくなるのでご利用は計画的に・・!

ポイントが消滅する可能性あり!?

最近のドコモと言えば、dポイント推しがすごいよね。
実際のところ、ほぼ現金としても使えるし、還元率の高さはそこらのポイントカードと比べ高く、素晴らしい!

そんなdポイントは、回線の解約(つまり他社への乗り換え)とともに当然のごとく消滅する運命にある。
人によっては万単位のポイントが貯まっていることも多いんじゃないだろうか?
万単位の特典が消滅したらさすがに泣くよね。

でも大丈夫。dアカウント、dポイントカードを設定することによって残すこともできる。
乗り換えるのであれば残すということに大したメリットは無いので解約前に使い切ってしまうのもひとつの手だ!

家電量販店のジョーシンやノジマなどで、乗り換え後に使う予定の機種用にフィルムやケースを買ってもいいと思うんだ。

ドコモ2年契約の解約金に注意!!

これは最も重大なポイントかも知れない。
ドコモに限らずほとんどの携帯の契約は2年契約になっている。
そのため、解約(他社への乗り換え契約)のタイミング次第では解約金が発生する

ちなみに解約金は9500円(税抜)が基本。
解約金が発生しなくなるタイミングは通常、2年契約スタートから25カ月目と26カ月目。
自分で予想するのはちょっと危ないので、ドコモショップに行くか、インフォメーションセンターに電話で聞いてしまうのが一番早いし確実。
その他に端末購入サポートという割引が適用されていた場合は解除料がかかったりするので、実際に確認した方が良いよ。

・ドコモインフォメーションセンター
ドコモ携帯からは「151」で発信、他の電話からは「0120-800-000」で発信でつながる。

ところで、乗り換えの相談を受けた時に「自分は2年以上使っているから解約金はかからないんだ」と思い込んでいる人を度々みかけるが、そんな甘い話は無い
解約金はかかるのが普通だと思った方が良い。
だからこそ、タイミングが重要なんだ!

ドコモから携帯番号そのままで他社へ乗り換える方法・手順

長々と前置きを説明したけど、手続き自体は物凄く簡単!
それでは、本題の携帯番号そのままで他社へ乗り換える方法・手順を紹介しよう。
さっくりと言ってしまえば以下の手続きだけなんだ。

乗り換えるためのMNP予約番号を取得する
いざ新しい携帯会社で申し込む!

それぞれ説明するぞ!

乗り換えるためのMNP予約番号を取得する

今使っている携帯番号を他社へ移行するために「MNP予約番号」というものが必要になる。
これはドコモの場合、方法が2つあるが、どちらにしてもすぐに取得することが可能なんだ。

my docomoで予約番号を発行する

これが最もシンプルかつスマートな方法。
実際に画像で手順を説明しよう。

まずはmy docomo(お客様サポート)へアクセスし、dアカウントでログインしよう。
(スマートフォンでも手続きはできるが、PC版の画面にしないと予約番号を取得できないので、AndroidでChromeなら画面内のメニューアイコンから「PC版サイトをリクエスト」を有効にしてからアクセス)
・my docomo(お客様サポート)
https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/

ドコモオンライン手続き」へ進む。

mydocomo

個人的にはかなり使うマイドコモ

携帯電話番号ポータビリティ予約」へ進む。

ドコモオンライン手続き

まさにここからMNP予約番号を発行する

後は指示に従って進めていき、MNP予約番号を発行する!

MNP予約番号

色々と気になる情報が展開される

MNP予約番号

予約番号は必ずメモを・・


予約番号は必ずメモを取ろう!!
(仮にメモを取り忘れても同じ画面で確認できるけど)

電話で予約番号を発行する

電話で発行してもらう方法だ。
当然、色々な提案や解約の理由などのヒアリングがあるので、面倒な人はオンライン手続きがおすすめだ。

・ドコモインフォメーションセンター
ドコモ携帯からは「151」で発信、他の電話からは「0120-800-000」で発信でつながる。
つながったら、「4」→「2」の順で番号を選択しよう。

いざ新しい携帯会社で申し込む!

さてMNP予約番号を取得したら、その番号と契約に必要な書類を持って新しい携帯会社にGO!
そしてMNP新規と伝えて申し込めばOK!

ちなみに乗り換え申し込み後に解約の手続きは不要だ。
乗り換えが完了すると同時にドコモは自動解約となる。

それと、MNP予約番号には約2週間という有効期限がある。
有効期限内に手続きをしなかった場合、ドコモは継続となるので注意しよう。

もしも予約番号がすぐに取得できなかったら・・

契約状況によってはすぐに予約番号を発行してもらえない場合があるが、その原因は主に以下のようなもの。

・ファミリー割引や一括請求、シェアパックの代表番号になっている
・タブレットなどを二台持ちしている
・未納がある
・名義が違う

どれもすぐに解決はできるが、my docomoだけでは完結できないものもあるので、
もし上記のどれかに該当する場合は、ドコモショップで手続きをしよう!
そしてそのまま店頭で予約番号を出してもらおう。

最後に!まとめると!

まとめるとこうなる。

1.必要なオプションなどを確認、解約金の有無と発生タイミングも確認しておく
2.MNP予約番号を発行する
3.他社で新規(MNP)申込する

ところで解約金はパッと見て、高いと感じるかも知れない。
でも、現状よりも料金が下がるとか、使いたい機種がある、家族とまとめたい、なんかのメリットがあるなら、今すぐにでも解約(乗り換え)してしまった方が良いと思う。
特に格安SIMなんかに乗り換えると料金面でのメリットが大きいから、解約金を払ったとしても数カ月で元が取れてしまうんじゃないかな。

格安SIMでかけ放題を使いたい方はこちらも参考にしてほしい。

スポンサーリンクと関連記事

最近の記事