ドコモの電波でiPhone4。「talking b-microSIM Platinum Service」が登場!

b-mobileこと日本通信から新たなサービスが登場した。

その名も「talking b-microSIM Platinum Service」だ。

iPhone4をドコモのエリアで使えるサービスとして話題沸騰中の
このサービス、果たして買いなのか!?

・talking b-microSIM Platinum Service
http://www.bmobile.ne.jp/sim_tm/index.html

このところ世間ではiPhone4向けサービスだと騒がれています。

どんなサービスなのか

簡単に説明すると、

速度がアップしたmicroSIMカード版talkingSIM
月額6,260円ポッキリ!
(1,050円分の無料通話があり、それを越えた通話料は別でかかる!)

・・という感じだ。
ただしb-mobileのサイトでは、実際に最大でどれくらいの速度なのかが明言されておらず、
「テザリング使用時には300kbpsに制限される」ということしか書かれていない。
(2010/8/24現在、最大7.2Mbps出ますよとは明言していない・・)
個人的にはそんなところに大注目している。

もったいぶってんじゃないよっ!!

なぜiPhone向けと騒がれているのか

ところでなぜiPhone向けなのかと言うと、
現状日本でmicroSIMを採用している携帯電話はiPhone4しかないから。
しかも使えるのはSIMフリー版iPhoneのみ

現在Q&Aなども無いので、アレなんだけど、
talkingSIMと同じくドコモの携帯にSMSが送れるかも。
また、通話機能は使わないなら無理矢理iPadに入れたら使えそうな予感がしなくもない。

ちなみに通話機能無しのデータ通信専用microSIMも準備中のようだ。

・b-microSIM
http://www.bmobile.ne.jp/sim_m/index.html

結局、買いなのか!?

個人的な印象としては、
b-mobileにしてはヌルいな」などとたいそうなことを感じてしまった。
特に金額面に。

海外からの観光客とか出張な人ならまだしも、
SIMフリーのiPhone4を買っちゃう人(買ってしまえる人)だったら、
すでにドコモSIMを切り刻んでいるんじゃないかと思ったりもする。

完全なる自己責任領域アイテムだがこんなのがあるから・・

Micro SIM カッター  Micro SIMアダプター2個付き

SIMフリーを買えて、さらにSIMカードを刻む勇気がある人なら、
SIMフリー版iPhone4に刻んだtalkingSIMを入れて使ったほうがかなり安く使える。
(tlakingSIMは300kbpsだが月額3,960円で使える)

もちろんiPhone4はtalkingSIMの動作確認端末リストに無い。
刻んだところで使えるかどうかも怪しい。
そこをどう判断するか。
全ては自己責任の世界だ。

さて、misroSIMは今後普及するのだろうか?

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS

新品価格
¥13,544から
(2010/8/24 13:06時点)

最近の記事