SDカードにパーティションを作る手順。可能性は無限大。

SDカード

SDカード・・なくてはならないものになったのだろうか。

今回はSDカードにパーティションを作る方法を紹介しよう。
パーティションを作ることでLink2SD、A2SDを活用したり、root権限取得済み端末などで便利なことができるようになるかも?

SDカードにパーティションを作る・・とは?

SDカードには2、4、8、16、32GBなど色々な容量のものがあるね。
そういったSDカードの領域を分割する、ということなんだ。
分割をすると一つのSDカードに複数の保存領域を作ることができるんだ。

例えば32GBのSDカードを分割し、24GBと8GBの二つの領域を持つSDカードにしたりできる。
ちなみにこの状態のSDカードをPCに接続すると、二枚のSDカードを接続したような動作になる。

今回は、主にアプリのデータ用の領域として使える、「ext3」という形式のパーティションを作る方法を紹介しよう。
「ext3」領域をSDカードに作ることで、「Link2SD」などのアプリが使えるようになるという手筈だ!

おすすめのSDカード

必要なもの

まずはSDカードを用意しよう。これが無ければ始まらないよね。もしもアプリのデータ領域として使うなら、classはなるべく高速なものを使ったほうが良いかも知れない。アプリの起動が速くなったりするかも?なんとなくだけどねぇ。
それと、失敗するとSDカードが使用不可能になる恐れがあるのでダメになってもいいSDカードを使うのが無難だろう。
ちなみに私は32GB、class10のものでやっちゃった。もはや後に引けないよね・・
また、ext3領域は通常のSDカードとしてwindows PCから認識されなくなるので、その点も注意。

SDカードを用意したら、今度はそのSDカードをPCに接続し名前を変更しておこう。
SDカードを開き、ウィンドウ内の何も無いところで右クリック→「プロパティ」を開く。さらに「全般」タブの一番上の入力欄にアルファベットで適当な名前を入力し「適用」→「OK」の順にクリックだ。
私の場合は「SD_MOBILE」という名前にした。

次にSDカード分割に使用するアプリケーションを用意しよう。
今回紹介のアプリケーションはこちら。案ずるな、もちろんフリーソフトだ・・

・EaseUS partition Master HOME
http://www.partition-tool.com/
※サイト右側、「EaseUSR Partition Master Home – Freeware」の「Learn More >>」からダウンロードページに進めるぞ・・ッ!

用意したらいよいよ作業だ・・

EaseUS partition Masterで作業

とにかく起動してみよう。
起動したら、ウィンドウ内右側下段、パーティションを作りたいSDカードで右クリック→「Resize/Move partition」をクリック。
SDカード以外のパーティションを変更してしまうと大惨事になるので注意してくれ!

SDカードにパーティション

いざ、パーティションを斬る!

次はこれから作るext3領域のサイズを決める。上部バーの右側をつかみ、左へずらしながらサイズを決め、「OK」をクリックだ
。今回は約8GBで設定した。

ext3領域をつくる

「右側」にext3領域をつくるんだ。

サイズを決めたらパーティションを作成する。先ほど作った約8GBの部分を右クリック→「Create partition」をクリックだ!

Create!

パーティションをcreateだ

パーティションの各種設定をしよう。Partition Labelを好きな名前(アルファベット)にし、Create Asは「Primary」を選択、File systemは「EXT3」を選択し「OK」。

EXT3設定

ここでEXT3に設定する

これで設定は完了なので、覚悟を決め「Apply」をクリックし実行だ・・ッ!

Apply

Applyで実行だ!!

確認のメッセージが出るだろう、本当に実行してもいいなら・・「yes」をクリックするんだ。

確認メッセージ

心配性な人はもう一度考え直そう。SDカードにパーティションを切るか否かを・・!

動作

プログレスバーがゴリゴリと動き、SDカードが変化していくのがわかるだろう。たぶん。


完了

無事に完了だ!!!


これでSDカードの用途がひとつ増えたのさ!
これを何に使うかは・・使う人次第だね!

いつもの一言

それにしてもEaseUS Partition Masterは便利だ・・。
SDカード以外にも、HDDにも使える。マニアックな例えだが、Chrome OSでグチャグチャになっちゃったUSBメモリの修復にも使えそうな予感だ。

ファイル形式の話だけど、実際にはEXT3の他に「EXT2」「EXT4」「FAT32」なども選択できる。
「FAT32」はSDカードの標準のファイル形式、「EXT2」「EXT4」は特殊な形式なのでLink2SDアプリやLinux以外では使うことが無いだろう。

実はこの記事を書いた理由はLink2SDの紹介記事を書くために書いたようなもの。
そういうわけで次回はLink2SDの紹介をしますよ。

ところでこの作業、使っているPCの性能によって相当な時間がかかるかも知れない。そんな時は素敵なティータイムを過ごしてみてはいかがだろうか。

(DN) エクストリーム プラス microSDHC/ microSDXC UHS-I カード 64GB : SDSDQX-064G-J35PA SanDisk サンディスク【ネコポス便送料無料】0【ポイント10倍】

価格:20,475円
(2016/9/10 14:27時点)

最近の記事