格安SIMのかけ放題な通話プランを比較、最安で使う!

「格安SIM」という言葉が登場してからしばらく経ったよね。
一般的な携帯会社であるドコモ、au、ソフトバンクの料金体系と比べて、
それこそ「格安」な料金プランでスマートフォンやタブレットが使える。

そんな格安SIMだけど、格安なだけに通話に関しては高いと思っている人も多いのではないだろうか?
格安SIMでも「通話定額」「かけ放題」系の料金プランが充実してきたので紹介したい!

格安SIMでも通話かけ放題がある

冒頭でも書いたけど、格安SIMを普通に使おうとすると、何気に通話料金が高い。
色々な格安SIM会社があるけど、電話をかけると30秒ごと20円という通話料金が発生する。
どの会社も同じくらいだった。

だが、最近では通話料金が一定の金額になるプラン、つまり「かけ放題」や通話料金が安くなるプランが充実してきたんだ。

格安SIMの通話かけ放題は実際どうなっているの?

さて気になるのが、どんな料金プランがあるのか?ということだと思う。
調べたところ、主に4つのパターンがある。

1.完全なかけ放題(24時間何度でも誰とでも)
2.〇〇分以内の通話は何回でもかけ放題
3.〇〇分まで無料
4.特定の番号にはかけ放題

自分の使い方や利用状況を思い返してみて、しっくりくるものがあればいいよね!

格安SIMの通話かけ放題プランの使い方は?

会社によってなかなか料金プランが違う。
今回は評価が高い、下記の6社を紹介しよう。

楽天モバイル:楽天が運営
NifMo(ニフモ):ニフティが運営
BIGLOBEモバイル:ビッグローブが運営
OCN モバイル ONE:NTTコミュニケーションズが運営
mineo(マイネオ):ケイ・オプティコムが運営
UQ mobile:UQが運営

格安SIMなのに逆に高くなってしまうパターンがある!?

さぁ詳しくプランを紹介する前に、「格安SIM」なのに逆に高くなってしまう使い方があるので気を付けよう!

それは・・

・定額じゃないのに電話をかけてしまう
・速度が大容量のプランを使う

・・ということ!

つまり、「格安だから」といってちゃんと考えずに使ってしまうことなんだ。
適当に使うと、携帯料金を抑えたくて「大手キャリアから乗り換えたのに逆に高くなってしまった・・」、「思っていたほど安くならなかった・・」ということにもなる。

例えば私の知人の場合、毎月7000円~8000円かかってしまったということだった。
(これではドコモのカケホーダイとほぼ一緒、しかも料金が変動しているのでドコモよりも高い月さえある)

こうなる原因はほぼ全て、「通話料金」と言えるだろう。
でも大丈夫。
今は通話定額もあるから、最適なプランと最適な格安SIMを選べば携帯料金は抑えられる!

格安SIM(MVNO)の通話かけ放題プランを比較してみる

それでは、格安SIM各社の通話かけ放題プランを紹介したいと思う。

いざ調べてみると、完全なかけ放題、〇分以内無料、特定の番号は無料など・・各社のアツい工夫が感じられるラインナップだよね。
そんな中でも格安SIMで「完全なかけ放題」は、なんと楽天モバイルだけだった!

それでは、コストパフォーマンスが高い順に表記してみた。

完全なかけ放題(24時間何度でも誰とでも)

楽天モバイル:かけ放題2380円

〇〇分以内の通話は何回でもかけ放題

nifmo:10分かけ放題 830円
OCN:10分かけ放題 850円
mineo:10分かけ放題 850円
楽天モバイル:5分かけ放題 850円
BIGLOBE SIM:3分かけ放題 650円

〇〇分まで無料

BIGLOBE SIM:通話パック60 650円
mineo:通話定額30 840円
mineo:通話定額60 1680円

特定の番号にはかけ放題

OCN:トップ3かけ放題 850円

その他

OCN:ダブルかけ放題 1300円
※OCNのみの特殊なプラン、10分かけ放題+その月に通話が多かった3番号が無料

格安SIMは自分の利用シーン・用途をちゃんと考えて使おう、それとデータ通信も

プランがわかったところで、どの通話かけ放題プランを選んだら良いのか。
これまたよくある利用シーンを下のような3つのパターンで考えてみよう。

・料金を気にせず通話したい
・短い通話が多い
・特定の人に電話をかけることが多い

通話かけ放題を考えている人なら、上のどれかには当てはまると思う。
そして実際の料金は先ほどのかけ放題料金プラス、データ通信の容量によって(ネットやゲームなどの通信を一カ月にどれくらいするか)合計金額が変わる。
今回は一番お得な3GBで設定した場合のかけ放題とデータ通信料の合計を紹介する!

格安SIMの通話かけ放題プランでの、最安パターンとは?

続いて、先ほどのパターンに合わせてどの通話かけ放題プランが最安となるか、選んでみよう!
下記の金額が最終的な月額料金になるぞ!!
全てのプランが3GBの高速データ通信付きだ。

料金を気にせず通話したい

楽天モバイル:かけ放題 3980円

料金や時間を気にせずかけ放題を使うなら格安SIMでは唯一無二の楽天モバイルだ!
ドコモやauなら最低でも6500円からスタートするかけ放題を3980円で使うことができる。
もはやほぼ半額と言っても過言ではないよね。

短い通話が多い

nifmo:10分かけ放題 2430円

短い通話が多いなら、nifmoの10分かけ放題がおすすめ!
運営会社がニフティということもあり、サポートも期待できそう。

特定の人に電話をかけることが多い

OCNモバイルONE:トップ3かけ放題 2650円

特定の人に電話をかけることが多いなら、OCNのトップ3かけ放題が良いよね。
通話が多い3番号が完全無料となる個性的なプランなんだ。
かける相手が決まっているなら、お得になるプランだと言えよう。
ちなみに、あまりサポートが良くないとされる格安SIMだけど、OCNのサポートはおそらく最も良いと思う。

最適な選択を!

格安SIM、ちゃんと選べばお得に使える、ということがわかってもらえれば良いかな・・。
せっかく選択の自由が広がったんだし、色々試してみるのは良いと思うし。

今は携帯番号を持って会社を選ぶことができるので、番号が使えなくなるなんてこともないしね!

スポンサーリンクと関連記事

最近の記事