東芝がAndroid搭載ネットブックに続きタブレットも準備中というウワサ

いよいよ国産では初(?)の東芝製Android搭載ネットブック、
通称クラウドブックことdynabook AZが発売しました。

そんな東芝が今度はAndroid搭載タブレットを開発中らしいんだ。

・Engadget「東芝がAndroidタブレットを準備中、HDMI端子付き・Tegra 2採用?」
http://japanese.engadget.com/2010/08/24/toshiba-android/

「タブレットって何?」
・・なんて人はiPadみたいな物体だと思っておけば多分ダイジョウブ。

ウェブはもちろんのこと写真を見たり動画を見たり。
タッチパネルでベタベタと見て触って楽しめるものだと思います。

あくまでウワサですがAndroidだけでなくwindows7も動作するとかしないとか。
もしも本当にwindowsが使えるなら、
このタブレットにAndroid SDKをインストールして、HT-03AやXperiaなんかを操作
・・なんてこともできるんでしょうね。

CPUはdynabook AZに続いてTegra系を搭載らしく、
これまた写真の閲覧とかが楽しみ!
液晶も綺麗だとさらに良い。

入出力はUSBやらHDMIやらなかなか豪華!
これってもしかしてdynabook AZより良いんじゃ・・

3G版/WIMAX版が出るかどうかも気になるところ。

iPadと比べてどうなのか

よく話題になっていたがFlashの対応可否は大きいと思う。

このタブレットにAndroid2系が入っているならFlashはいづれ閲覧できるようになる。
2.2であれば初めから対応してる可能性も高い。
もちろん価格もそれなりのものとなるだろう。
(203万円代と妄想!)

さらにiPadと違い、AndroidであればPC無しで使うことが容易。
windows7ならそもそもPCだしね。
※iPadはPC無しでも使えますが、OSのアップデートやバックアップできないなど不便が多い。

いちおう書いておくけど、Flashは動画再生だけじゃないから・・
HTML5が動画や音楽の再生ができるからと言って、
HTML5がFlashの代替になれるわけではない
mixiアプリやFlashゲーム、いろいろあるよね。

この先、永遠にFlashが閲覧できない(=全てのwebが見られない)iPadとAndroidタブレット・・
どちらが魔法のようなデバイスだろうね?

スポンサーリンクと関連記事

最近の記事