楽天パンダWi-FiをドコモのSIMで使えるか試してみた

楽天パンダWi-Fi

「ラァクテン モバァイルッ!!」というメモリアルな声が聞こえてきそうだ

依然として激しい戦いが繰り広げられている携帯業界。
そんな中でも今最もアツいのが楽天モバイル。
楽天パンダWi-FiをドコモのSIMカードで使えるか試してみたので紹介したいと思います。

Rakuten WiFi Pocketは楽天モバイルのモバイルwifiルーター

嬉々として話題に事欠かない携帯業界ですね。
数カ月前に私も楽天モバイルの「楽天パンダWi-Fi」ことRakuten WiFi Pocketを入手していました。
そしてこのRakuten WiFi PocketをドコモのSIMカードでも使用できるかを試してみました。

楽天パンダWi-Fiかわいい

こいつ・・かわいすぎでしょ。腕からWi-Fi電波を飛ばしてるつもりかッ!?いったいどうなってんだよ・・ッ!?

Rakuten WiFi PocketでドコモのSIMカードが使えます!

早速結果を発表しよう。

Rakuten WiFi PocketはSIMフリーだった。
ドコモのSIMカードでも問題無く通信ができた!

Rakuten WiFi Pocketの設定画面

あからさまに「NTT DoCoMo」の表示が登場。旧表記なのが泣けるッ!

つまりどの携帯会社のSIMカードを入れても周波数帯さえ合えば使うことができるッ!
そもそも楽天モバイルのスマートフォンなんかは全てSIMフリーのはずなので、当然と言えば当然のことだろう。

その上、ドコモのSIMカードの場合は特に何も設定せずRakuten WiFi Pocketに挿し込んで、普通に通信が開始。
APN設定くらいは必要かと思っていたが、それすらも必要無し。

楽天モバイル・・いくらなんでも良心的すぎだろう・・。
おっさんは心配になるレベルだよ。

気になる通信速度は来月2021年4月に紹介したい。
今月は私のドコモSIMに速度制限かかってるから・・。

キャンペーンも実施中

楽天モバイルと言えば、Rakuten MINIやRakuten HANDなんかが話題になっていたが、このRakuten WiFi Pocketも盛大なキャンペーンを行っている

Rakuten WiFi Pocket自体がなんと本体代金1円!
アンケートに回答すると1ポイント還元されるので実質0円という仕組みだ。

しかも、このRakuten WiFi Pocketの申込でも、だれでも5000円分ポイント還元も対象になる。

さらに4月7日からは新しい料金プランに変わるが、4月6日までに申し込めば1年間無料になる。

まったく損が無い上に楽天モバイルを試してみるいい機会だ。
しかも楽天モバイルは一切の手数料がかからないのも大きなポイント。新規契約でも解約でもSIMカードの再発行さえも無料。
楽天モバイルを使わない手は無いと思う。
(※2021年3月28日時点の情報なので時期によって変動するかも)

もちろん楽天モバイル契約があるだけで、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)も対象になるので、セール時などに楽天市場での買い物した時のポイントも上がる。

Rakuten WiFi Pocketの設定画面

・・とは言ってもせめて設定画面のアクセス方法くらいは紹介したいと思う。

まずは背面のカバーを外し電池パックを外すと、色々な情報が記載されているのでそこを確認しよう。

Rakuten WiFi Pocketの内部

「ID/Password:admin」とは・・わかりやすすぎる・・ッ!!!

情報を確認したらRakuten WiFi Pocketの電源を入れ、スマホやPCでRakuten WiFi PocketのWi-Fiに接続する。
そして接続した状態でブラウザ(chromeやsafariなど)を起動しURL欄に「192.168.0.1」と入力しアクセス。
アクセスすると以下のような画面が表示されるはずだ。

Rakuten WiFi Pocketの設定画面

今こそIDとパスワードを入力するのだ!

ここで「ユーザー名」に「admin」と入力、「パスワード」にも「admin」と入力すると設定画面へアクセスできるぞ!

Rakuten WiFi Pocketの設定画面

楽天モバイルのSIMカードで使えば「Rakuten」表示だよね。当然。

いつもの一言

日本ではドコモ、au、ソフトバンクという3社が携帯市場をほぼ独占している現状。
3大キャリアだよね。

そんな中、第4のキャリアとして登場した楽天モバイル。
アンテナを設置したり、サービスの運営や顧客対応など、とても大変だと思う。

既に寡占市場となっていた業界に単身乗り込むその姿はちょっと応援したくなる。

楽天にはがんばってほしい!!

最近の記事

スポンサーリンクと関連記事