スマートフォン、Androidのライフハックを検証したり紹介する情報サイト。スマホやスマホグッズのレビュー、ひかりTV関連の情報などを行っています。

【レビュー】Echo Show8と過ごした3カ月間。買ってがっかりしたことと買って良かったと思ったこと

Echo Show8箱Amazon
アレクサ、OK Googleって言ってほしいの
スポンサーリンク

世間では人工知能や音声操作のスマートホームが大流行ですよね。
その中でもユーザーの多いAmazon AlexaとEcho Show8を実際に約3カ月間ほど使ってみたのでレビューをしたいと思います。

Echo Show8の良いところとガッカリしたところ

世間はAmazonの大セール、プライムデーで大盛り上がりですね!
Amazonと言えば音声操作のAlexa(アレクサ)がおなじみ。
テレビCMでもよく見ますし、私もかなり「アレクサ使ってみたいィィィィ!!」などと思っておりました。

Echo Show8
その画面は多国籍を余すことなく感じさせる


Echo Showには「Echo Show5」と「Echo Show8」があり、私が購入したのは「Echo Show8」です。

そんなわけでEcho Show8を購入し、しばらく使ってみて私が感じた良いところとガッカリしたところを紹介します。

買ってがっかりしたと思ったこと

まずは「がっかりしたところ」なので、アツい感じで書いていきたいと思います。
私ががっかりしたと思ったことは以下の4点です。

(1)音楽や動画を見るために音声以外での操作がほぼ不可能
(2)設定してある音楽サービス以外の音楽サービスで再生しようとする
(3)ニュースなどの文字がデカすぎる
(4)Youtubeがブラウザ経由のみ

それぞれ説明しますッ!

(1)音声以外での操作がほぼ不可能

Echo Showは操作のほとんどを音声で行うモノです。
ほとんどと言うよりもほぼ音声操作のみと言っても良いかも知れません。

操作が音声のみというのが正直キツい

なぜ頑なに音声のみにこだわったのか正直、理解しがたい部分があります。

Echo Show8のことというよりもAlexaの問題かも知れませんが、音声操作のために話しかけても、やはり「わかりません」「お役に立てそうにありません」というような返答が多い。酷いと全く違う曲を再生し始める。
シンプルに私の活舌の問題かも知れませんが。

例えば音楽の再生をしたいのに何回話しかけても全ッ然ッ!!!!できないことがある。自分史上最高にネイティヴ英語圏の人みたいな言い方をしてもダメ。

この点に関しては全く持って知らない曲を再生したり、わからないと答えてきたり・・散々な使い心地です。
同じ間違いをずっとし続ける、伝わらない言葉は何度話しかけても伝わらない・・。
こういうユーザーの音声と、Alexaからの返答の追従性の低さは致命的にストレスです。

さらに先ほど書いたように、このEcho Show8は音声操作がメインなので画面での操作が思うようにできない。

例えばスマホやタブレットで行う「音楽アプリのアイコンをタッチし曲名をタッチして再生」・・そんなことすらできない。なぜならEcho Show8での音楽再生は音声操作のみだから・・。

厳密に言えば「再生履歴」からタッチし再生は可能だ。しかし当然ながら「再生履歴」なので再生されたことが無いものは履歴に入らない。その再生履歴も表示件数が少なすぎるのでどんどん消えていく。

私の場合はmillennium paradeというアーティストの「2992」という曲を再生したいのに、この3カ月間、今まで一回たりとも再生できていない。

曲名でもアーティスト名でもダメ。英語に言い変えて話しかけてもダメ(Two Nine Nine TwoとかTwentynine Ninetytwoとか)。

この曲、ダウンロード購入してるんだけどね。しかもサブスク(Apple music)にもあるけどね。

「2992」1曲だけのプレイリストを作ってもダメ。
(ちなみにApple musicのプレイリスト連携にタイムラグがあるのかも知れないがこれまたプレイリストに追加して3日以上経過している状況でもダメ。)

この状況、プライムビデオなどの映像も同じです。突然謎のドラマを再生しようとしたりが多すぎる。
FireタブレットのOSをそのまま入れてくれれば良かったのに、と強く思います。

正直、Alexaにツッコみを入れる人の気持ちがわかりすぎるほどにわかりました。

(2)設定してある音楽サービス以外の音楽サービスで再生しようとする

これはどういうことなのか説明します。

Echo Showで音楽を再生するためには、「どの音楽サービスで音楽を再生するか」という設定があります。
そこで音楽サービスをApple musicに指定しているにも関わらず、わざわざAmazon musicの音楽を再生してくることがあるんです。
これは本当に参ったところ。

Echo Showを使っている時点でどうせプライムなんだし別にどっちで再生してもいいじゃん!的な設計思想なのかはわからないが、それをやられると音楽サービスを指定する意味が無い。
Apple musicで見つからないからAmazon musicで、ということなのかも知れないが、それはそれで表示件数が少ない再生履歴に入り込むので鬱陶しいこと、この上ない。

私の場合はAlexaに呼びかけて再生したかった曲のほとんどはApple music内でプレイリスト登録していたり、既に購入済の音楽なんですよね。
「これから新たに音楽を発見したい!」というつもりで呼びかけていないので、「再生したいものを再生してほしい」、ただそれだけなんです。

しかし、意図した言葉がAlexaに伝わっていないので再生することができない。

対策としてはPCでしっかりとプレイリストを設定しておいたり、事前の準備をしておけば良さそうだとは思う。
この状況はレアケースかも知れないので私の環境で偶然にもたまたま(?)発生しただけかも知れません。
それと、AlexaやEcho Showのアップデートで改善されていく可能性もあるとは思います。

ちなみに私は、音声操作での音楽再生を諦めました。
音楽の再生に関してはBluetoothスピーカーとして使う道を選びました。

(3)ニュースなどの文字がデカすぎる

echoshow8の画面
文字サイズ感は大体の画面でこのようなイメージ


もうそのまんまです。
8インチという画面サイズに対しては文字がデカすぎて逆に見づらい。サイズ変更もできない

しかもこの時に画面に入り切らないテキストはどう見るかというと、なんと画面を手でスクロールさせるんですよ。

他の部分で音声操作を重要視しすぎている割に、この点はタッチ操作・・。

音声で「アレクサ、スクロールして」などを試しましたが、Alexaの返答は「お役に立てそうにありません」でした。
もはや予想の範囲内でした。

動画ニュースであれば問題は無いけど、ねぇ。

(4)Youtubeがブラウザ経由のみ

みんな大好きなYouTubeをEcho Showで観たい時は、なんとブラウザが起動しブラウザ上での再生になります。

そんな状況なのでYouTubeを全画面で再生していて、自動再生で次の動画に変わると全画面が解除されてる、など細かいイマイチなところが多い。

ブラウザなので、動作も速くない・・。

それと根本的なことだがEcho Showの機能として「ブラウザ」を無しとしているのに、youtubeの再生だけは「ブラウザ」ってのも雑な扱いです。

昔のガラケー版youtubeみたいな画面なのでログインするのもなんだか萎えます。
使えるようにするならYouTube専用ブラウザと言えるくらいの使いやすいブラウザに刷新してほしい

ちなみに起動するブラウザはFireタブレットなどにも標準装備されている、Amazonの「Silkブラウザ」。
Fireタブレットとブックマークの共有やパスワードの共有などデータ共有ができるわけでも無いので、はっきり言ってSilkブラウザを使うメリットは無い

(5)Echo Showはタブレットのような使い方はできない

Echo Showの見た目から、多少なりともタブレットのような使い方ができるのではないか?・・と想像する人が結構いると思いますがどうでしょう?

まさに私がその一人でした。
私は「おそらくFireタブレットのような画面が入っていて、音声操作ができなくてもタブレットのように使えるだろう。」・・そう思っていた。

しかし、Echo Showにはタブレットのような画面はありません

もう一度言います。
Echo Showはタブレットのような使い方はできません!

つまり、Fireタブレットのような使い方はできない。
Amazon musicもプライムビデオもスマホやタブレットで使えるアプリとは全く違う操作性のEcho Show専用のアプリ。
タブレットやスマホのAmazon musicアプリやプライムビデオが使えるだろうと思っていると、その違いに驚くことになるだろう・・。

買って良かったと思ったことを紹介

echoshow8の説明書
説明書に「こんにちは」の文字。「挨拶は自分から」というマイルールが崩壊した瞬間でもある


Echo Show8を使って良かったと思った機能を紹介していきます!
良かったと思ったところは以下の3点。

(1)ビデオ通話ができる
(2)音質が良い
(3)プライムビデオをテーブルで観られる

それぞれ書いていきます。

(1)ビデオ通話ができる

まず、最も良かった部分はこの「ビデオ通話ができる」という機能です。
もうこれ一択!ってくらいに気に入ってました。

Echo Show8には画面の上部にカメラが付いているので、同じEcho ShowシリーズやFireタブレット、そしてスマートフォンとでビデオ通話ができます。
もし自宅内に複数のEcho Showを置いていれば、Echo Show同士でインターホンみたいな使い方もできます。

私の場合は、仕事が終わって帰宅途中、電車に乗る前や降りた後の歩いている時に使っていました。
帰る途中でスーパーやコンビニに寄り道して何か買って帰った方が良いかなどを聞いたり。
牛乳とか食パンとかですわね。

それよりも、「仕事帰りに家族と話したいなぁ~」みたいな気持ちの時が誰しもあるかも知れない、そんな気持ちにもビデオ通話機能がばっちりフィットしましたわ。

まぁ単純にビデオ通話だけなら、今の時代は他にも色々なやり方があるけど、私の場合はEcho Show8をリビングのテーブルに置いていたので、誰かがいればすぐに反応してくれる、そんな感じが非常に良かった。

echoshow8本体
カメラを使いたくない時はスライド式カバーがあるので閉じておくことも可能。まさに閉店ガラガラである。

(2)音質が抜群に良い

Echo Showには「Echo Show8」と「Echo Show5」の2種類ありますが、私が購入したのはEcho Show8です。
なので、Echo Show8の内容となりますが、Echo Show8は音質が良かった。

Amazonのカスタマーレビューでも結構音質のことを書いてる方が多いですね。
私自身がオーディオマニアでは無いので「中音域が〇〇で」とか「ボーカルのクリアさがウンタラカンタラ」ということようなこだわりはないですが、普通にかなり音が良いと感じました!

echoshow8本体側面
なんというか見るからにスピーカーに使われていそうな布で覆われている。

まず、音量がかなり出せます
デカすぎるほどに鳴りますよ、Echo Show8のスピーカー。
そして低音もかなり迫力のある低音が鳴ります。

Echo Show8本体の底面が固いゴムのような素材ですが、その効果もあってかテーブルに置いていても変な共鳴や反響も無くどっしりとした低音が響きます。
ドゥンドゥンしたスピーカーの音が好きな人にはかなりおすすめ。

echoshow8本体底面
いかにも滑り止め効果もありそうなゴムのような底面。ゴムと言っても素材の薄さにはこだわっていないようだった。

Echo Show8にはスピーカーが2つあり、それぞれEcho Show5よりも大型のものなので、音に関してはEcho Show5よりもEcho Show8の方が良いと思う。
ちなみに私の場合は音楽プロバイダにApple musicを設定して使っていました。
他社サービスであるApple musicを音声操作で使うことも可能。

Bluetoothスピーカーとして使うこともできるという点も非常に良い。後述するが音声操作がイマイチなので、もはや単純にBluetoothスピーカーとして使うのも良い。

画面が付いたBluetoothスピーカー・・と考えると、ものすごく良い。

(3)プライムビデオをテーブルで観られる

Amazon純正の商品なので、当然Amazonのサービスに対応してます。
その中でもプライムビデオを見る時にも重宝します。

私はEcho Showをテーブルに置いてますが、プライムビデオの動画を観たい時に、家族がテレビを占有していることが多々あります。
そんな時にテーブルでしっぽりと動画を楽しむ。
そんな使い方をしてました。
もちろんテーブルだけでなくデスクなどに置くのも良いと思う。

ちなみに映画は絶対にリビングの大画面テレビで観たいとは思いますが、連続ドラマならEcho Show8の画面でも納得して観られます。なぜだかわかりませんが・・。

そんなわけで、仕事から帰ってきて一人晩御飯という時に連続ドラマをよく見ていました。
「小さな卓上テレビ」のような感覚で、なかなか良かった。

良いところと良くないところをまとめると

私が思うEcho Show8の良いところは・・「ビデオ通話ができること」と「音質が結構良いこと」。
やっぱりビデオ通話って良いです。音質も非常に良い。
音楽の音声操作を諦めて、Bluetoothスピーカーとして使っちゃうのも良いです。同価格帯のBluetoothスピーカーと比べても結構良いと思います。(主観)

Bluetoothスピーカーとしては価格以上だと思います。

そして良くないと思うところは「音声操作がメインすぎること」と「タブレット的使い方はできない」こと。
タブレット的な使い方に関しては、私が期待しすぎてしまった部分もあります。

もしEcho Showを買うなら、どんな使い方をするか想像して妄想してからにした方が良いと思う。

私自身がそうでしたが、期待しすぎはがっかりの原因となります。
音声操作でなかなかAlexaに伝わらない部分もあるし、「何か色々なことを自動化したいなぁ」とか「Alexaをアシスタントのように使いたいなぁ」と思っている方はかなりの工夫や使い込みが必要だと思います。現時点ではね。

基本的な操作はほとんど音声でやることになるので、「据置型タブレット」的なものを想定してると前述のようながっかりの応酬となります。
もちろん良いところもある。

ガッカリが積み重なると自分が使いこなせていないことが原因であっても「もったいない感」を感じてしまうのも人の性というもの。

なので、しっかりと妄想してから買ってください!

ちなみにEcho Show8は第1世代と第2世代があって、大きな違いは3.5mm出力の有無とインカメラの画素数。

いつもの一言

細かいところを言えば、画面が明るすぎ・・とか無限にAlexaヒントを出してくるのが非常に鬱陶しい、などもあります。
画面オフが声で指示しないといけない、とかもある。

音声で操作することがメインであるEcho Showなんだけど、その音声操作が面倒な時がある。
さっきの画面オフにしたって、「Alexa、画面消して」と話しかけるんだけど心の中では「はぁ~めんどくさッ」くらいの気持ちは毎回思います。
画面をダブルタップとかでいいと思いませんか?シンプル過ぎる操作は声でやる方が面倒。

しかし、こういったAIだったりスマート家電的なものって言うのはまだまだこれからの業界!
もっと使いやすくなることを期待してますよ、私は!

ところで気付いた方もいらしゃるかも知れないが・・。今回の記事は全て過去形で書いてます。
そう、既に手放したのです。そしてFireタブレットに切り替えたのでこちらを近々レビューしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました