【気に入った】Galaxy Note20 Ultra 5Gのキックスタンドケース

ESRメタルキックスタンド付きケース

一度きりの人生、ダイナミズムを!


Galaxy Note20 Ultraと言えば大画面ですね。
最近ではリモートワークだったり、リモート飲み会だったりと画面越しのコミュニケーションも増えてる。
そんな時、大画面スマホならなおさらスタンドがあると便利だと思うんですよね。

ちょうど良い感じでESRのメタルキックスタンド付きTPUケースが販売されていたので早速購入しました。

Galaxy Note20 Ultraで使えるスタンド付きのケース

私自身、Galaxy Note20 Ultraを入手して以来、ケースは絶対にスタンド付きだ!!・・と固く心に決めていました。

なぜならGalaxy Noteだから・・。
大画面だし、角ばってるから・・。
・・顔認証もあるしさ。

今回はESRのメタルキックスタンド付きTPUケースを購入したので早速写真で紹介したい。

ESRのメタルキックスタンド付きTPUケース

早速写真で紹介しよう。
まずはケースを装着した時のヴィジュアルをご覧ください。

ESRメタルキックスタンド付きケース

見るからにキックスタンド、スタンディングオベーションです。

イケてます。
そしてケースだけで見てみます。

ESRメタルキックスタンド付きケース2

ケースだけでもほどほどにカッコよし。

ESRメタルキックスタンド付きケース3

もちろんケース内側にマイクロドット加工されてるのでウォーターマーク(水分入り込んだ風に見えるアレ)は皆無だ!!

キックスタンドになかなか剛性感があり、左側面を下にしても右側面を下にしても立てられる。
これ、ESRの特許らしいです。

ESRメタルキックスタンド付きケース4

剛性感があると言ってもガチムチ過ぎず、ちゃんとしなやかに可動するぞッ!

ESRメタルキックスタンド付きケース5

横画面で

これ何気にすごいよね。

ESRメタルキックスタンド付きケース6

こっちサイドでもしっかり立てられるゥ!

ケース自体の素材はTPUで厚みのあるタイプ。
かなりの衝撃吸収性能がありそう。

ESRメタルキックスタンド付きケース7

全体はTPU素材なので、衝撃を吸収しそうな雰囲気満載。安心だよね。

充電端子、Sペン、スピーカー、マイクの穴はしっかりと確保されている。ESRはこういうところがすごく真面目だと思う。

ESRメタルキックスタンド付きケース8

スタンドをたたむとシンプルなケースに見える。

ESRメタルキックスタンド付きケース9

割と・・平たい・・です・・。

縦にも置けるッ!ちなみにけっこうしっかりしてる。
縦置きの利用シーンはやはり!リモートワークだったりオンライン飲み会でしょう!

ESRメタルキックスタンド付きケース14

ズームで露出は気を付けましょう。酒は気を大きくします。

ESRメタルキックスタンド付きケース10

カメラまわりはカメラよりもモッコリしている。

スタンドをたたんだ状態でもスタンド部分が若干出っ張っているのだが、それが逆に良い。
Galaxy Note20 Ultraは本体が巨大だ。縦持ちの時に小指を本体の下に置いている人が多いと思うけど、Galaxy Note20 Ultraでそれをやると画面が上すぎるんですよね。そして何より重い!
このESRメタルキックスタンド付きケースなら、スタンドの微妙な出っ張りを薬指と小指あたりに乗せられるような持ち方ができる。なおかつ複数の指で支えるイメージになる。これが良い!

ESRメタルキックスタンド付きケース11

要するに「一本の矢は簡単に折れる!だが複数の矢ならなかなか折れない!」理論だ。歴史上の人物はかくもおかしき言葉を残したものよッ!!

すごく気に入った。けど、弱点もアリ

正直、かなり気に入ったよ私は。
でも惜しいところもある。パーフェクトじゃない。

日本には古来より「可愛さ余って憎さ100倍」なんて言葉がありますが、そこまで憎くは無いですが、残念な部分も紹介したい。
残念な部分は以下のふたつある。

まず一つ目。
「ケースがTPU」であること。

これね、本当に惜しい!!!
何故ですかと聞きたくなる仕様。
TPUは衝撃吸収も期待できるし、硬すぎず柔らかすぎず、使いやすい素材だと思うよ。
でもね、黄ばむよね!?長く使うと黄ばんじゃうんだよね。

だから一般的なハイブリッドケースみたいなつくりにしてほしかった。
背面はPC(ポリカーボネイト)にするとかね。
もしそうなってたら私的にはパーフェクト(Perfect)でした。

そして二つ目。
マイクロドットの主張が強いです。
一般的なマイクロドット加工のケースよりも、マイクロドッティングが激しいのかな?いつもより多くドッティングしてます的な?
そんな気がします。気のせいかも知れませんが・・。

そして私のGalaxy Note20 Ultraは「Mystic Black」。
このMystic Blackは排泄物さえも滑り落とすとんでもないツルツル仕上げなのですが、ケースを装着するとなかなかどうしてもスモーキーな雰囲気も漂わせてしまいます。

ESRメタルキックスタンド付きケース13

マイクロドッティングがイキってます。

とは言え、Mystic Blackのツルツル仕上げっぷりがほとんど鏡面仕上げなので、そのうち浄玻璃の鏡にでもなるのでは?と妄想していた私にとってはちょうど良かったかも知れません。

ESR Galaxy Note20 Ultra ケース スタンド付き メタルキックスタンド TPU背面 Note20 Ultra カバー 耐衝撃 (縦置き&横置き対応スタンド) (落下保護性能UP) -クリア

何はともあれ、「透明系ケースが欲しいけどひとひねりあるヤツがいい」みたいな人にもぴったりだと思います。
そして何より、昼の休憩時間、動画を見ながらランチを食すのも良いでしょう。流行りのワイヤレスイヤホンで洒落込んでさ。

そうそう、浄玻璃の鏡化を防ぎたい人にもオススメ!

いつもの一言

このスタンド付きケース、調べてみたら意外なことにいくつかの種類が発売されている。
なんと純正品でもスタンド付きのタイプがあった。

そういったケースは全て、透明ではないので装着すると本体の色がわからないんですよね。
実に惜しいッ!

ところで何度となく紹介していますが、このESRというメーカー、真面目です。

最近の記事

スポンサーリンクと関連記事