Windows版iTunesのフォントを変える方法。もっと見やすく!

Windows版iTunesのフォントを変更する話

愛の無い世界は悲しみしか産まんのじゃぁ・・


もうね、本当に悲しいですよね。悲しいどころかわびしい・・
Windows版iTunesのストアのフォント(書体)のことですよ!!

いくらなんでもやる気が無さすぎだろApple!!
・・ということでWindows版iTunesのフォントを変える方法を紹介します。

フォントを変えて、気持ちをアげていきましょう!

Windows版iTunesのストアのフォントのわびしさ

まずは標準のWindows版iTunesを見て頂こう。

Windows版iTunesの標準イメージ

フォントのテイストは象形文字のそれと通じるものがある。あいみょん氏の表情がそれを物語っているのがおわかりいただけるだろうか。

ちょっと酷くないですか?この書体・・。
漢字だけでなくひらがなやカタカナのなんとも言えないアンティーク感。

例えばApple musicをWindowsで使っている人も多いと思うし、ストアを見る度に20年くらい前のパソコンかと時代錯誤してしまうようなフォントにゲンナリしていた人も多いと思います。
私もその一人です。音楽で自分をアげたい時にこれでは、言っちゃ悪いがApple musicを開こうという気持ちにならない。

今月から自宅で作業する時間が増えたので、もはや我慢の限界でした・・!
Appleが実際にどういうスタンスかは知りませんし、元よりApple製品のWindows版のものに期待はしていませんが、やはり残念な気持ちは日々募りますよね。

さて、文句をつらつら連ねていてもはじまらないので早速手順を紹介します。

iTunesにフォントを指定すれば見栄えが1200倍くらいカッコよくなります

さて、早速フォントを変更しデザインに少しアレンジを加え、このようにしました。

Windows版iTunesのフォント変更後イメージ

この美しさ。Windows版iTunesとは思えない領域(ゾーン)に到達しています。もはやWindowsの他の画面よりも美しい!

それでは早速手順を紹介。
下記の場所にiTunesのプログラム本体のデザインを指定するCSSファイルがある。
このCSSファイルがiTunesのストアのデザインをある程度担っているファイルなんだ。これを編集することでフォントの変更ができる。

C:\Program Files\iTunes\iTunes.Resources

まずはこのフォルダにあるiTunes.cssというファイルを探す。

CSSファイルをコピー

直接編集は失敗した場合に面倒なのと、管理者権限が必要なので一度「コピー」し「貼り付け」るのがいいと思う。大胆不敵を自負するような人は好きにすれば良い。

見つけたら右クリックで「コピー」しデスクトップなどに右クリックで「貼り付け」をする。

CSSファイルを貼り付け

べったり貼り付けると、まっ黄色いシャツ着ちゃって歌いだしそうな表情が思い浮かぶような気持になりそうです

貼り付けたら、その「iTunes.css」をテキストエディタで開くか、右クリック→「編集」で開く。

CSSファイルを編集する

詳しくない方はおまじないだと思って頂ければ幸いです。

開いたら画像のように以下の2行を末尾に入力して上書き保存する。

html{-webkit-text-stroke:0.25px;}
html * {font-family:sans-serif !important;}

編集して保存ができたら、iTunes.cssをまた右クリックでコピーし元のフォルダに右クリックで貼り付ける。
貼り付ける際に「ファイルを置き換える」をクリックする。
「このフォルダーへコピーするには管理者の権限が必要です」というメッセージが表示された場合は「続行」で強制的に貼り付ける。

これで変更は完了!

生まれ変わったWindows版iTunesを見るんだ!!

例としてポルカドットスティングレイの赤裸々というアルバムを見てみるとこんな感じです。

Windows版iTunesのフォント変更後イメージ1

アルバムの画面もこのとおりスタイリッシュな雰囲気になった。これなら買えるぞ・・買える気になるぞぉぉぉ・・ッ!!!

実は手書きフォントなどを指定し、オリジナルの雰囲気を楽しむこともできたりします。

Windows版iTunesのフォント変更後イメージ2

見よ、ポルカドットスティングレイのメンバーが直筆でこの画面の文字を書いてくれたかのような錯覚に陥りそうだッ!


ちなみに画像のフォントは「マカポップ」という商用利用可能なフリーフォント。素晴らしいフォントだと思う!

せっかくなので、比較画像を大胆に作ってみました。
CSSファイルに入力した1行目がデザインのちょいアレンジ、2行目がフォントの指定なんだけど、1行目を省くと左から2番目のイメージになる。

Windows版iTunesのフォント変更後イメージ3

今夜くらべてみました。もうそれしか言うことは無いね。

フォントを好きなもので指定したい場合は2行目の「sans-serif」をフォントの正式名で指定してやればOK!!
今回のフォント変更で変わる部分はiTunesの中でも「ストア」「ラジオ」「見つける」「For You」の各画面。「ライブラリ」だけはWindowsのシステムフォントが適用されているので変更されない。
「ライブラリ」に関してはもともとアンティーク感を味わわされるような表示ではないのでそのままでも良いと思う。

注意!Microsoftストア版にはCSSファイルが無いかも知れない

ちなみに、Microsoft Store版ではiTunes.cssファイルがおそらく存在しない。(私は見つけられなかった!)
なので、Appleのサイトから直接ダウンロードしたexeファイルでインストールしたiTunesでないとこのフォント変更ができなかった。

Microsoft StoreからダウンロードしたiTunesを使っている人は一度iTunesをアンインストールしexe版でのiTunesをインストールしなおせばフォント変更できると思う。
iTunesをダウンロードする場所は以下のApple公式サイト。

・Apple「iTunes」
https://www.apple.com/jp/itunes/
ここにアクセスすると、いかにも「Get it Microsoft」をクリックしてしまいそうになるが、その少し下にスクロールしたところにある「ほかのバージョンをお探しですか?」の「Windows」をクリックし、「今すぐWindows用のiTunesをダウンロード(64ビット版)」からダウンロードすることができる。

もう一度言うがMicrosoftストアからインストールしたiTunesではフォントの変更はできないので注意。

いつもの一言

残念ながらiTunesがアップデートされると、元の時代に戻ります。
まぁすぐにフォント変えるけどね!私は!!

macって画面内のフォントやら動作が綺麗なんだけど、これならかなり近づいたのではないかな。
実はwindowsでも色々とフォント(書体)を変えたりするアプリケーションなどあるけど、私はめんどくさすぎて使っていない。
windows標準での見え方も考えながらブログも書いていきたいし。

そうそう、最近のアプリケーションって見栄えの部分をiTunesのようにウェブベースにしているものがあるんだよね。
私の場合はこのフォント変更をブラウザのChromeでも使っている。

私としてはPCの機能で一番よく使うものはブラウザとiTunesだったので、この二つのフォントを納得いくものに変えれば、他は正直なところ大して気にならない。
自分の使いたいアプリケーションが好きな見た目に変えられるると、気分も変わるのでおすすめ。

最近の記事

スポンサーリンクと関連記事