V20なソフトウェアアップデート済みF-12Cのroot権限取得手順

ここからがGlobe Trotterの本領発揮やぁ


2011年12月のソフトウェアアップデートでroot権限取得の道を閉ざされたと思われていたGlobe Trotter携帯なF-12C。

しかし、チラチラと某掲示板を見ていたところ、V20(ビルド番号)にソフトウェアアップデート済みのF-12Cでのroot権限取得手順が確立されていた。

そうならばってことで、これはやらない選択はないと思ってroot権限を取得してみたわけなんだ。

さぁビルド番号V20のF-12Cでroot権限取得手順を書き綴っていくよ・・
自分なりに多少まとめ、アレンジした手順を紹介したい。

自由をこの手に・・

ついにというかいつの間にやらV20版F-12Cでのroot権限取得が確立されていたので早速、半ば食い気味でroot権限取得を行いプリインストールアプリの無効化、アンインストールなどやってみたんだ。

※注意!!
この記事を元にroot権限取得すると、F-12Cの内部を全て触ることができてしまう。
何かのファイルを上書きしたり、削除してしまったりして、もしもなにか不具合や被害が発生してもこちらは何もできない。
完全に「自己責任」の領域です。ソフトウェアの改造になりそうなのでドコモのサポートも受けられないと考えた方が良い。
何が起きても自分で解決しなければならないというリスクがあります。
F-12Cを捨ててもいい、動かなくなってもいいと思えた人だけがやってみたらいい。

必要なもの

・zergRush

「zergRush」はおなじみxda-developers(下記URL)でダウンロードすることができる。
今回は「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」を使用した。

・xda-developers「[04/Jan][ROOTING/UNROOTING] Xperia 2011 Easy Rooting Toolkit [v4.0](zergRush Exploit)」
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350

事前準備

今回のF-12Cのroot権限取得手順ではPCを使用する。
なのでPCへAndroid SDKのインストールとF-12CのADB USBドライバをインストールしておく必要があるんだ。
Android SDKとF-12CのUSBドライバインストール手順は以前の記事たちを参考にしてみてくれれば良いさ。

  • 【新・初心者向け】Android SDKの最新インストール手順2011年10月版!少しだけシンプルに解説!
  • Globe Trotterな人へ・・F-12CのUSBドライバのインストール手順。つまづいても大丈夫。
  • root権限取得手順

    では・・
    ビルド番号V20のF-12Cでroot権限取得するための手順を説明しよう。

    まず、本体の設定をしよう。
    「設定」→「無線とネットワーク」でF-12CのWiFiをオフにする。
    そして機内モードをオンにする。

    機内モードに触れたのは初めて・・

    本体の準備ができたらPCでコマンドプロンプトを起動し、コマンドを送り込む。

    adb shell
    cd data/local
    mv motion_activemass02.db motion_activemass02.db-
    ln -s /data/local.prop motion_activemass02.db

    ここまできたら本体側で「設定」→「歩数計」→「歩数計利用」のチェックを外し、「登録」をタッチ。
    そして再度「歩数計利用」にチェックを入れて「登録」をタッチ。
    引き続きコマンドを送り込む。

    mv motion_activemass02.db- motion_activemass02.db
    echo ro.kernel.qemu=1 > /data/local.prop

    さらにUSBケーブルで接続したまま下記コマンドなどで再起動する。

    exit
    adb reboot

    本体が再起動して操作できるようになったらまたもadb shellし確認!

    adb shell

    これで「#」が表示されればshellでのroot権限を取得したことを意味している。
    確認したら今度はzergRushを使う。
    ダウンロードしたファイルを解凍し「runme.bat」をダブルクリックして実行!
    zergRushが動くと最後に再起動される。

    本体が起動して操作できるようになったらまたもやコマンドを送り込み再起動する。

    adb shell
    echo > /data/local.prop
    reboot

    これにて一旦、root権限取得完了!!

    Superuser来てるねぇ

    ちょっと追加処理をしてみた

    実はこのままでは音が出ない。
    また、WiFiのオン/オフなどを行うと強制的に再起動が発動してしまう!
    この現象は「data」ディレクトリに「local.prop」が存在することが原因で発生しているようだ。
    詳しくはよくわからないけど。
    (SH-03Cの時も同じ現象があったような気がする)

    なので良いのか悪いのかわからんけど、私はlocal.propを削除しちゃった。
    ついでと言うのはアレだけど「tmp」も削除した。

    adb shell
    cd data
    rm local.prop
    rm -r tmp

    Superuser発動ッ!!

    いつもの一言

    F-12Cの場合はroot権限が取得できればsystem領域なども簡単に弄り倒すことができてしまう。
    もしrootでsystemを弄るなら、起動に必要なアプリを削除してしまったりしないよう十分に注意しよう。

    やり直しが効かないからね・・

    ところで、掲示板では文鎮化したという書き込みもチラっと見たけど文鎮化(起動しなくなるなどの致命的な状態)してしまった人もいるようだ・・
    気を付けるんだ・・ッ!

    よく読まれている記事

    1. 【WiMAX】Wi-FiルータHWD14を解約しNAD11を使うことにした
    2. auのWi-Fiルータ「HOME SPOT CUBE」をもっと活用しよう!セキュリティとか考えた設定方法
    3. windows8版!Android SDKインストール手順 2013年6月版
    4. windows8のPCにUbuntuをインストールしデュアルブート環境で使う
    5. 【今更紹介】ドコモメールを他社やSIMフリースマートフォン、PCで使うための流れ
    6. Android4.0にアップデートしたSC-03D(Galaxy S2 LTE)のリカバリ書き換えとroot権限取得手順
    7. SDカードにパーティションを作る手順。可能性は無限大。

    最近の記事

    Twitter