【nexus】Android4.2なSC-04Dのブートローダーアンロック手順

GALAXY nexus

nexusシリーズの自由度の高さは半端ないぜ!

GoogleブランドのAndroidと言えばNexusシリーズ。
いまや世間はNexus 7やNexus 5を使っている人も増えてきたと思う。

そこで、今さらながら、ドコモのSC-04DことGALAXY nexusをカスタムするためにブートローダーをアンロックする手順を紹介しようと思う。

なぜ今さらGALAXY nexusなのか

なぜか。
それは言わずもがな、あくまで私個人の勝手な都合。まぁ、ちょっとした縁からSC-04DことGALAXY nexusを知人から頂いたから・・。それだけの話さ。

Androidのカスタムと言えば「カスタムROM」というものを使ってAndroid自体を純正のOS以外のバージョンに書き換えてしまったりすることができるよね、しかしこのGALAXY nexusでは「Firefox OS」を導入することもできる。
私は思わずつぶやいていた、「なんて面白そうなカスタムができるんだ。」・・と。
後々そんなカスタムも紹介していきたいと思う。

ところで今回の手順はSC-04Dがドコモ公式Android4.2にバージョンアップ済みでの手順を紹介しよう。

ブートローダーアンロックとは?

英語で書くなら「bootloader unlock」。つまりブートローダーというものに掛けられているロックを解除するということ。
これを行うことでカスタムROMを導入したり本体のリカバリ領域を書き換えたりできるようになる。逆に言えばブートローダーのロックを解除しなければroot権限を取得したとしてもカスタムROMを使うことができない、ということになる。(そうでない場合もあるが・・)
しかし、その代償としてキャリアやメーカーのサポートが一切受けられなくなる。
さらに基本的に後戻りできないことが多い・・。端末を捨てる覚悟が必要だ。
ちなみにSC-04D(GALAXY nexus)の場合はブートローダーをアンロックすると、本体が初期化される。内部ストレージ含め完全に初期化される。事前に必ずバックアップをしておこうね!

手順など

※注意!!
ここで紹介する方法はメーカーや通信事業者の保証(補償)対象外になる作業です。保証(補償)が無いということは今後修理もできないし紛失時などに使えるキャリア提供の補償サービスも受けられなくなる。
やるのであれば端末の起動不可、補償も無くなっても良いというリスクを負わなければならない。よくわからない人は手を出してはいけない。
後々root権限を悪用した「何か」が動作させられたり、情報が流出したりするかも知れない。
何か失敗しても自分自身で解決(自己責任)が基本。
そしてアンロック後に行った内容によっては、本当に壊れるので注意。
  • 1.Android SDKをインストール
  • 2.FASTBOOTモード用USBドライバのインストール
  • 3.ブートローダーのロックを解除
  • 4.いつもの一言
  • 1.Android SDKをインストール

    ブートローダーをアンロックするにはGALAXY nexusにコマンドを送り込む必要があるが、そのコマンドを使うためにAndroid SDKが必要なんだ。
    まずはPCにAndroid SDKをインストールしておこう。インストール方法は下記を参考にしてくれ!

  • windows8版!Android SDKインストール手順 2013年6月版
  • 【新・初心者向け】Android SDKの最新インストール手順2011年10月版!少しだけシンプルに解説!
  • 2.FASTBOOTモード用USBドライバのインストール

    GALAXY nexusにコマンドを送る際に「FASTBOOTモード」という状態で起動しなければいいけないのだが、FASTBOOTモードを活用するために、PCにUSBドライバをインストールしておく必要がある。
    USBドライバのインストール方法がわからなければ、下記を参考にがんばってみてくれ!

  • 【nexus】SC-04DのFASTBOOTモードのUSBドライバ設定方法
  • 3.ブートローダーのロックを解除

    一言で言ってしまえばUSBドライバを設定し、コマンドを送り込むだけでロックの解除ができる。さすがGoogleのリファレンス機だね!

    早速、FASTBOOTモードで起動しPCと接続しよう。FASTBOOTモードでの起動するには以下のような方法があるぞ!
    ・電源オフからボリューム上とボリューム下を押しながら電源オン
    ・GALAXY nexus(USBデバッグはオンの状態)をPCと接続し下記のADBコマンドを実行

    adb reboot-bootloader
    FASTBOOTモード

    これぞFASTBOOTモードだ・・

    FASTBOOTモードで起動したらUSBケーブルでPCと接続する。有無を言わせず下記のコマンドをぶち込む。

    fastboot oem unlock

    FASTBOOTモードで起動した時に、画面最下部に「LOCK STATE : UNLOCKED」と表示されていれば成功だ。
    これにてunlock完了!

    Bootloaderアンロック

    起動時画面に鍵の開いた表示が登場する。もう鍵開けっ放しよね・・

    そういえばこんなunlockコマンドはかつて紹介したPhotonの時にも使ったよね。

    余談:ロック状態に戻したいとき

    再度ロックされた状態に戻したい時は、FASTBOOTモードで接続し下記のコマンドを送り込めばロックできる。

    fastboot oem lock

    いつもの一言

    ところで私がroot権限取得手順やブートローダーアンロックだのなんだのを紹介するのは、カスタムの楽しさを紹介したいということでもあるけど、実はAndroidやスマートフォンの仕組みを知ってほしい的な意味もあるんだ。

    それにしてもさすがGoogleの(ほぼ)ピュアなAndroid端末。
    日本のキャリアお得意の妙なカスタムが少ないせいか、デュアルコアながらとても素晴らしいパフォーマンスで動く。

    それにしてもFirefox OSがどないなもんか気になるなぁ。Ubuntuもいけるらしいし・・
    そしてNexus 5のブライトレッドがほしいなぁ。

    スポンサーリンクと関連記事

    最近の記事