【2018年7月版】簡単!windows10にAndroid SDK(Android Studio)をインストールする方法

Android studio

Android studioとは・・インストールしとこ

Android SDKのインストールする方法・・
いや!Android Studioのインストール方法を紹介しよう。

Android StudioをインストールすればSDKも使えるからね!

※2020年5月現在、Android SDKのインストール方法が大きく変わっています!!
こちらを参考にしてください。

  • 【2020年5月版】さらに簡単に!PCにAndroid Studio(Android SDK)をインストールする方法
  • 久々にAndroid SDKをインストールする

    Androidをさらにカスタムするためには、やはりAndroid SDKが必要かも知れない。
    カスタムと言っても、改造したりroot権限を取得したりというわけではない。
    とにかく、プリインストールアプリを無効にしたい・・
    ただそれだけなのさ。

    「Android SDK」はAndroidアプリ開発用のプログラムのセットみたいなもの。
    これをPCにインストールすることで画面のスクリーンショットをPCで保存できたり、アプリのインストール、アンインストールがスピーディにできたりする。
    もしアプリ開発をしたいなら、もちろん必須のもの!

    そんなわけで、2018年6月時点でのAndroid SDKインストール手順を紹介したい。

    方法はとてつもなく簡単に

    Android SDKをインストールする方法には、すごく簡単になった。
    その方法は「Android Studio」をインストールする、という方法。

    インストーラーといってダブルクリックでインストールすることができるソフトウェアとしてGoogleから提供されている。
    それを使えばPCに疎い人、PC操作が苦手な人でも割と簡単にインストールすることができるようになっているんだ。

    とにかくまずはAndroid Studioをダウンロードしよう

    Android Developers公式サイトでAndroid Studioをダウンロードしよう。

    Android Developers「Download Android Studio and SDK tools」
    https://developer.android.com/studio/?hl=ja

    公式サイトへアクセスし「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」をクリック。
    利用規約を読み「上記の利用規約を読み、同意します。」にチェックを入れ、「Android Studio for Windows ダウンロード 」をクリックしダウンロードする。

    windowsなら「android-studio-ide-〇〇〇〇-windows.exe」がダウンロードされるはずだ。
    そしてダウンロードされたものはだいたい、「ダウンロード」というフォルダに保存されているので、ダブルクリックで起動する。

    そしてAndroid Studioをインストールする

    公式サイトからダウンロードしたら、言われるがままに進めていこう・・
    あまりにもシンプルなので、流れは画像で見てほしい!

    Android Studioインストール

    まずはスタート

    Android Studioインストール

    もう・・押していくだけ・・

    Android Studioインストール

    まだだ・・まだ終わらんよ・・!

    「Android Studioのインストール」に関してはこれで完了!
    なかなかシンプルかつ大胆だよね!?

    インストール後にPCで設定が必要

    インストールしたら、PC側でPath(パス)の設定をする必要がある。
    実はAndroid Studioをインストールしただけでは全く動作しない。Android Studioの構成の一部である「platform-tools」にパスを通すことで動作するようになるんだ。

    さて、Pathを設定する前にPC内でのAndroid StudioのPath(パス)を設定すべき場所を確認する必要がある。
    windows10なら機能やソフトウェアの検索が爆速なので検索してみよう!
    まずはキーボードの「windows」ボタンを押そう。
    そして「adb」と入力する。

    windowsの検索

    超速です。


    この時点で「adb」という検索結果が一番上にあるはずなので、それを右クリックし「ファイルの場所を開く」をクリック。

    そして、表示されたフォルダにある「adb.exe」を右クリック
    場所」の文字列をマウスで選択し、右クリックでコピーするか、「Ctrl+C」でコピーする。

    場所をコピー

    場所というがつまりパスなんだ・・!


    コピーしたら閉じてOK。

    続いてまたしても検索機能を使おう。
    キーボードの「windows」ボタンを押す。
    そして「環境変数」と入力する。
    すぐに「環境変数を編集(コントロールパネル)」という検索結果が一番上に表示されるので、それをクリック。

    windows検索速すぎ

    標準機能なんかは特に速い!!

    「Path」をダブルクリックし編集画面に進む。
    新規」をクリック。
    先ほどコピーしたテキストを貼り付けし「OK」をクリック、さらに「OK」をクリックし環境変数を閉じる。

    環境変数

    設定がもう間もなく完了するんだぞ!


    右クリック→「貼り付け」もしくは「Ctrl+V」で貼り付けてしまおう!!

    これにて、インストール完了だ!

    動作確認はコマンドラインで!

    さて、ちゃんとインストールできたのか動作確認をしたいのが人情ってもの。

    またもや「window」ボタンを押そう!
    そして「cmd」と入力し「Enter」。※コマンドプロンプトを起動を起動する

    見慣れない(見慣れている人も多いと思うが)黒画面が出現するだろう。
    黒画面で「adb devices」と入力し「Enter」。
    「List of devices attached」などと表示されれば動作OKの証だ!

    adb devices

    この画面。これぞコマンドプロンプトっ!!

    Android Studioとは

    Android StudioはAndroidアプリを開発することにも使えるソフトウェア。
    これを機にアプリ開発をたしなんでも良いのではないだろうか。

    AndroidのカスタムROMをインストールしたり、PCからAndroidを色々といじりたい人たちがよく使う「adb」コマンドも使えるようになる。

    ところで、なぜ私がAndroid Studioをインストールしadbを使いたいのか・・
    それはドコモのプリインストールアプリの挙動があまりにも鬱陶しいので、止めてやろうと思ったからさ・・!

    その方法は後日紹介しよう。

    スポンサーリンクと関連記事

    いま、おトクな携帯プラン

    最近の記事