2020年11月5日ドコモの新サービス・新商品発表会に思ったこと

docomo collection 2020-21

ついに満を持して携帯キャリアのNTTドコモが新サービス・新商品発表会を2020年11月5日に行われました。
それに対して私が思ったことを書きたいと思います。

出遅れまくりな発表会

0
ついに国内3大キャリア大手のドコモが2020年秋冬の新サービス・新商品発表を行いましたね。

・NTTドコモ「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会」
https://www.nttdocomo.co.jp/product/promotion/20-21_docomo_collection/?icid=CRP_TOP_mainPR_2020-0081_01

au、ソフトバンクから遅れること、もはや一ヶ月・・。
なんだか殿様商売感が溢れていた数年前を彷彿とさせる展開です。

これに関しては、総務省や菅総理の爆弾発言、そしてNTTドコモが「NTT」の100%子会社になる・・という話題があったから新商品の発表が出遅れたということは大きく影響したかも知れない。
コロナ禍を乗り越え、新たにスタートダッシュをかけたい気持ちもあったかも知れない。

なぜ値下げの話題が出なかったのか

これもやはりNTTドコモの子会社化が影響したと思う。
以前書いたが、ドコモは既に(条件はあるが)1980円というプランを運用しているよね。
これ以上下げてもユーザーは不便になりドコモ以外の会社が困ることになりかねないし、誰も幸せになれない。

過去記事:「菅総理の爆弾発言は携帯電話の料金にどう影響するか考えてみました」

いつもの一言

そんなわけで、今回は私が感じていることをただ単に書きました。

安いことは確かに財布に優しい。
しかしそれでいいのだろうか?

私は携帯料金を安くしたいのなら、自分で「選択すること」ができる現状なのだから、自分に見合ったプランを提供している携帯会社を「選択」するべきだ。
それを常々思っていたし、時折Twitterでも言ってきた。

しかし世間の大多数が実情も知らず「誰かが儲かりまくっていそうでムカつくから、安くしろ!」なんて幼稚すぎる考えでいるのかも知れない・・と思うと、とんでもなく寂しいよね。
揚げ足を取るような社会は絶対に衰退すると思う。何より面白くねぇわ。

スポンサーリンクと関連記事